--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.19 ubuntu10.04-desktop-ja
ということで、今さらですが、10.04LTSにしましたよ。
スポンサーサイト
2009.07.02 Puppy2.14X 日本語化バージョン
ということで、Puppy用のpetファイルを数多く作成し公開されている肉球さんが、Puppy2.14Xの日本語化にチャレンジされたとのことで、公開されたISOでライブCD起動してみました。
2009.05.31 PuppyLinux 4.20 日本語正式版リリース
で、Puppyなんですが、いよいよPuppy初のビジュアル系であるPuppyLinux4.20が日本語になってリリースされました。

2009.05.03 xubuntu 9.04 をインストールしてみ
ということで、ubuntuも新バージョンが出て派生も出揃って参りました。ubuntuそのものについては多くの人が利用しレポートする必要性というか、自分がメインに使うことは無いと思われますのでスルーすることにして、ライブCDの部屋さんでリリースされたxubuntu日本語化バージョンをインストールしてみました。で、その初期設定の備忘録です。
2009.02.19 EcoLinux 8.10.2をインストールして俺様セッティング
ということで、年末年始の一連の故障から各々の修理のはずが、パーツの大移動や通販衝動買いなどでなぜか妙に数が増えてしまったデスクまわりのパソコン群ですが、結果的にスペックの底上げが為されました。
2009.02.18 TOP (Tacky Optimizing Puppy) を起動してみる
さて、告知を頂戴してからしばらく時間が経過してしまったんですが、自分のマイミクさんである、流離ヒ見聞録のビズアイユさんがPuppyNOPをベースにフォークしたという、TOP (Tacky Optimizing Puppy) Linuxを起動してみましたので紹介します。
ついでに、日本への帰国が無事に済んでなによりです(笑
2009.01.25 Puppy4.2
ちょ、す、マジ、すげー軽い。
下手すると2.14より軽い。
さらにビジュアル系。

どこで落としたか忘れた。
2009.01.17 Parted Magic 3.4 を起動してみる
ということで、Windows7を何度かインストールしてテストをしているうちに当然HDDのパーテーションの大きさいろいろといじりつつやってみたりしているわけですが、今までPuppyを使ってGpartedを起動してやっていたわけです。GUIで操作できてとっても便利ですからね。
別にPuppyじゃなくても大概のディストリにはデフォルトで入っているアプリなわけですが、やはりパーテーションいじりが目的の場合はあくまでもディストリは主役では無いので軽快に動くPuppyは非常に重宝したりするわけです。しかし、いかんせん起動に時間がかかる。しかも、HDDをいじるわけですから「pfix=ram」オプションでの起動なのでなおさら。
で、今度はそこに興味が沸いてグーグル先生でパーテーションをキーワードに検索すると・・・
2009.01.13 Webconvergerを起動してみる
さて、先日WIndows7をインストールしてみて記事にしたところ、コメント欄にPC屋改め犬屋てんちょさんという怪しい野郎がwebconvergerなるのを試してみねぇかということを告げて去っていきました。ありがたい話です。 
2008.12.02 CrunchBang Linux 8.10.01を起動してみる
先日のエントリーのコメントで、なり坊さんより教えて頂いたCrunchBang Linuxつーのを起動してみました。
ubuntu系でありながらデスクトップ環境ではなく、ウィンドーマネージャであるOpenBoxを採用しGUIを構成しているということで、重量級ディストリであるubuntuのリポジトリを活用しつつ軽快に動作させることを意図しているんじゃないかなと思われます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。