--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.30 PuppyNOPのその後
       巛彡彡ミミミミミ彡彡
       巛巛巛巛巛巛巛彡彡 
   r、r.r 、|:::::           |
  r |_,|_,|_,||::::::     /'  '\ |
  |_,|_,|_,|/⌒      (・ )  (・ )| 
  |_,|_,|_人そ(^i    ⌒ ) ・・)'⌒ヽ   ・・・で?
  | )   ヽノ |.   ┏━━━┓| 
  |  `".`´  ノ   ┃ ノ ̄i ┃|
  人  入_ノ´   ┃ヽニニノ┃ノ\
/  \_/\\   ┗━━┛/|\\
      /   \ ト ───イ/   ヽヽ
スポンサーサイト
2007.11.28 PuppyLinux 3.01日本語正式版リリース!
ということで、PuppyLinux 3.01日本語正式版が今度は出ました。
アルファ~ベータ~rcと来てかなり苦労した形跡が見受けられますが、日本語開発陣の皆さんも納得できるレベルにたどり着いたということになりますでしょうか。
2007.11.26 Puppy NOPを単独HDDインストールするときのGRUBの設定
さて、実験用のノートパソコンのHDDにPuppyNOPをマルチブートではなく、単独で「質素な」インストールしたのは良いけど起動できないという事態に陥ってしまいました。
たぶん「フル」インストールでも同じだと思います。GRUBをインストールしたのは良いけど、いまいちGRUBの書き方がわからない。
もしかしたら単独インストールの場合はGRUBはいらないのかなとも思ったりして・・・
2007.11.23 Geubuntu 7.04 beta Prima Luna MoonLight Edition を起動してみる
ちょっと遅すぎる感もありますが、いろいろなネット徘徊先で一時話題になったgoogle先生の活用に特化したLinuxであるgOSでもちょっと使ってみようかと思っているとu-bonさんの昔のブログのこの記事に何やら見慣れないディストリの名前をみつけてしまいました。その名は「geubuntu」。
gobuntuのスペルミスかと思っていたら違うディストリな様子。さて、これはいかに。。。
2007.11.21 Puppy NOP 301 rev1 を日本語化してみる(成功)
先日、「Puppy NOP 301 rev1 を日本語化してみる(失敗)」でPuppy NOPを日本語化できなかったわけですが、コメント欄でmakoto1mさんより3.01ベースであれば”ja_e-0.02_221.pet”をインストールする必要があるんじゃないかとアドバイスを頂きましたので、その方法でやり直してみました。
2007.11.20 PuppyLinuxに2ちょんねるブラウザV2Cを仕込んでみる
Puppyがまともに動くようになったら、当然ですが、2ちょんねるを使いたくなるわけで、そうなると当然2ちょんねるブラウザも欲しいわけです。
そこでLinuxの場合はJDやらおちゅ〜しゃやらV2Cやら選択肢がいくつかあるわけですが、ネット徘徊していてPuppyに一番適していそうなのがV2Cっぽいので仕込んでみます。
2007.11.17 Puppy NOP 301 rev1 を日本語化してみる(失敗)
先日、PuppyLinux3.01rc2にxfceを仕込んで遊んでみたんですけど、そもそもxfceデスクトップ環境がデフォルトのPuppy NOPを日本語化できないかと実験してみました。

方法としては、以前やった「PuppyLinux2.17.1 を日本語化してみる(失敗)」 「PuppyLinux2.17.1 を日本語化してみる(解決)」こちらの記事を参考にしてみました。
2007.11.16 Ecolinux 1.7.0.1 を起動してみる
Ubuntu 7.10 GutsyベースにしたというEcolinux 1.7.0.1が突然リリースされました。
健康君はてっきり受験勉強にしばらく専念して、バージョンアップはしばらくお預けだなと思わせておきながら、ちゃっかりやってるんだから。もう。
GutsyベースのXubuntuが出ていない現況で、xfceデスクトップ環境のEcolinuxが先に出るってのは、ubuntu系xfceファンには嬉しい誤算じゃないかと思います。
(LinuxMintが一歩先にxfceエディションを出してますけど)
2007.11.15 PuppyLinux3.01日本語rc1にxfceデスクトップ環境を仕込む
実は以前ひそかにチャレンジしてみてできなかったので諦めていたというか面倒臭くなってそのまま放置していたことなんですが、PuppyのデスクトップをJWMではなくxfceで動かしてみるということを改めてちゃんとやってみました。
今回は投げ出さずにいろいろと調べつつやりました。しかも先日ついうっかり買っちゃったVAIOで。
2007.11.14 古いVAIOノートにLinux
ということで、順番が若干前後してしまいましたが、ついうっかり買ってしまった古いノートパソコンへのLinuxインストールについて報告しておきます。
大雑把なスッペクは
● チップセット:Intel 430TX
● CPU:MMX-Pentium233MHz(オーバークロックできず)
● MEM:SODIMM-64MB→無理矢理256MBに増設
● GPU:NeoMagic MagicGraph128XD-メインMEMより2MB
● オーディオ:Sound Blaster (R) Pro互換(16ビットステレオ)
● 液晶画面:XGA(1,024×768)-65,536色(16bit)
という感じでありあす。
2007.11.13 Puppy NOP 301 rev1 を起動してみる
先日コメントいただいたビズアイユさんがご執心というPuppyの派生ディストリであるPuppy NOPがずっとずっと気になっておりまして、血が騒いでいたんですけど、いかんせん、ついうっかりお古なノートパソコンを2台も仕入れてしまいましたので、Linuxでの実験はしばらくご無沙汰でした。(とはいいながら、そうでもないかな)
Puppyにデフォルトでxfceデスクトップ環境を仕込み、思いっきりWindowsXPもどきに仕上げたというこのPuppyはいったいどんなもんでしょうか。
2007.11.10 PuppyLinux3.01-JP-rc1が出ましたよ
またまたPuppyLinux-3.01-日本語版が今度はrc1版に更新されました。
これでrc2を経て正式版って感じでしょうか。
でも、本家は既に4.0に行っちゃってるようです(笑
 
■PuppyLinux(パピーリナックス)日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/
■ダウンロードサイトのTestディレクトリ
http://openlab.jp/puppylinux/download/test/

今回も報告だけです。
2007.11.10 つい、うっかり
先日、義妹がインターネットとメールができるノートパソコンが欲しいということで、適当なマシンが出ていないかなとヤフーオークションを覗いていたら、ついうっかりなんですけど、義妹にはとてもオヌヌメできない昔のノートパソコンを落札してしまいますた。
2007.11.06 PuppyLinux3.01-JP-ベータ2が出ましたよ
またまたPuppyLinux-3.01-日本語版がベータ2版に更新されました。
 
■PuppyLinux(パピーリナックス)日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/
■ダウンロードサイトのTestディレクトリ
http://openlab.jp/puppylinux/download/test/

報告だけです。
2007.11.05 巫女 GNYO/Linux 2.4 を起動してみる
「巫女 GNYO」ネットでたまに目にするディストリだったわけですが、この名前を見た瞬間に使おうという気にならずにいたわけですが、それじゃいかんということで起動してみました。
文字通り、日本人が日本人のために作った、ディストリなわけですが・・・
2007.11.04 PuppyLinux3.01-JP-ベータ版を起動してみる
またまたPuppyLinux-3.01-日本語版がベータ版に更新されました。最近はすっかりPuppyばっかりいじっているような感じですが、決してそんなことはあります。
ubuntuにしてもMintにしてもXorgなのか、それともログインのスプラッシュの問題なのかわかりませんが、不具合にちょっと腹が立ってモチベーションが沸かないのは事実です。
実は別のディストリもやってみたりしたんですけど、それはまた別の機会に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。