--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.30 参院選での自民党の歴史的大敗の意味
今回の選挙結果を見て、改めて日本は衆愚に陥ったと感じました。

今回の選挙は周知の通り、社保庁の年金の杜撰管理問題と閣僚のカネの問題というスキャンダルに終止しました。あ、あと意味不明な失言騒ぎもありました。
もう、完全な衆愚政治ですね。下賎なポピュリズム。
判断基準が目先の損得や目先の生活、個人的資質についての嫌悪感などに直結することばかり。
まぁ、下半身スキャンダルに国民やメディアが大騒ぎみたいなことになっていないのが唯一の救いでしょうか。
確かに、政治は個々の政治家や政党への信頼をベースに為されるべきものだから、こういったスキャンダルについて報道し国民にその事実を周知し、汚職や癒着などについてはキチンと清算し責任を取らせるべきだし、そうでなくてはいけない。批判も大いにされるべき。立ち直れないくらいやって良いと思います。そして、それをちゃんと捌けるルール(法)も無くてはならない。もちろん、年金制度も確たるシステムに移行する必要もあるし早急な対応も必要。

しかし、このスキャンダル、特に年金杜撰管理問題については自民党=杜撰な組織管理者、民主党=杜撰な実行者という構図であったことをどれだけの人が認識していたのか非常に気になります。意図的にそういう構図がわからないようなメディアの意図・キャンペーンがあったようにも感じます。

これは、例えとして適切かどうか難しいですが、殺人事件やテロ事件に置き換えて考えてみればわかりやすい。
殺人やテロという犯罪を犯した実行犯(社会保険庁職員)と、殺人やテロを見てみぬフリをしていた人/殺人が横行する組織を平気で存続させていた人(社保庁長官など生え抜きでない管理者)という構図になっていて、右手のピストルが良いか、左手の毒ガス弾が良いかという争いだった。
(殺人を実行犯に指示したのが誰なのかは不明)
至った結果(人殺し)に両者とも深く関係していて、そのどっちを選ぶのですかという構図になってしまっていた。

つまり、ただ無事に円満に時間が過ぎれば御の字の社会保険庁長官を送り込む側と、その下でいかに適当でラクに、そして横領し私腹を肥やしながら業務を執り行う側との戦いだった。そして、その勝負に勝ったのは民主党の支持団体で実行者であった自治労(旧社会党の支持団体)だったということです。

俺様に言わせればどっちもどっち。どっちも認める気にはならないが責任という意味で強いて言えば管理側の責任が大きいかなと。
だから歴代の長官を送り込んでいた自民党は、過去の人事や運営に関係の無い現総理の安倍さんには悪いけど今回は負けるべきだと思ってはいたし、今回は自民党に一票を捧げることはできないと思っていた。しかし、その自民批判票の行き先がよりによって民主党になるのが一番恐いとも感じていた。

本来ならば、この二択ではなく、別の選択肢もある状況でなければいけないと思いますが、現実として構図が自民党vs民主党という二者択一になってしまっていた。郵政民営化の是か非かを問う選挙のときと同じような感じですね。

選挙は、ベストを選ぶのではなくベターを選ぶ、いろいろなゴミの中からよりマシで使えそうなゴミを見つける機会であるということは理解できていますが、ベターなゴミでさえも見つけられなかった。

共産党は政権汚職叩き党としては立派だとは思うが国家観で絶対に支持できない、国民新党と新党日本は場が読めないあぶれ者の浮き島みたいなものだし、社民党は毒電波が強すぎて論外だし、9条ネット、共生新党や女性党、維新政党新風などは敗戦・厭戦気分へのカウンターから生まれたイデオロギー党争の主流になれなかった奴らの生残り軍団でリアリティが無く論外。

衆愚を嫌い、一連のスキャンダルを無視して考えてみても小泉総理以降現安倍政権の経済政策や福祉政策について、まったく共感できないし、まったく良い方法だと思えない。安倍総理のスキャンダルなどに対するリアクションも下手糞。人事も深い思慮があると思えない。けど、沖縄を一国二制度にするとか、主権を国連に移譲するとか、外国人参政権推進とか人権擁護法案推進とか絶対に受け入れることができないことを主張し、俺様が嫌悪する日本が全部悪いぞイデオロギー団体が支持する民主党はもっと嫌。岡崎トミ子まで当選しやがった。
(ただし、わずかながら個人的に共感できる政治家もいるのも民主党)
つまり、俺様みたいな考えの人間が投票するべき政党が存在しないということです。

政治、特に国政を判断する場合に何を基準に考えるべきなのかを考えると、政治家個人や政党の是とする国家観や政治信条(思想)・経済政策・外交政策・財務政策・安全保障政策・福祉政策・教育政策、おもにこれらを総合してセットで思慮考慮し、国民は一票を捧げるべきだと考えています。
しかし、人間ですからそこに個人的な人間としての好き嫌いや、自分が関係する団体や地域の利権や恩恵、自分の生活(収入)へのメリットデメリット、こういったことも絡ませられるのは当然で、それも含められることは否定できない。多面性が大きい。だから難しい。

今回の選挙結果で衆参両議会における歪みが発生することはあきらかで、これがどういう政治的停滞や混乱をもたらすのか予想できないです。俺様のような場末の人間にどんな影響が起きるのかわからない。

現状では自民党も民主党も左右上下が混交し過ぎで判断が難しい世の中になっていると思うので、良い機会だから政界シャッフルに繋がってくれないだろうか。
いまの自民党と民主党を持って二大政党政治とするのはちょっと賛同しかねますが、前向きに考えると今回の選挙結果は何か大きな変化に繋がるかもしれません。
今回の参院選での自民党の歴史的大敗には大きな意味があったんだと後の世で思えるようなことになるよう祈念します。

このブログで政治話ですいません。



公明党について書き忘れました。
公明党については、彼らの母体について個人的に、そして社会的にも嫌悪を持っているのでやはり他の政党と同じで論外だと思っています。
それと、スキャンダルや年金問題についてのアンチ気分で判断の是非を下した人については衆愚だとは思いますが、いわゆる1人区の地方については若干質が違うかなと思っています。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/101-6d4a47d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。