--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.12 PuppyLinux-2.17日本語読み書きできるバージョン
ということで、PuppyLinux-2.17.1が日本語読み書きできるぜバージョンとして公式にアップロードされました。あくまでも日本語版は末番号が偶数のときに出すとのことで、今回の2.17については日本語の読み書きができる程度だけに留め、システムやアプリのメニューの日本語化は自分で夜露死苦バージョンとなっているようです。

■PuppyLinux(パピーリナックス)日本語版
http://openlab.jp/puppylinux/
■PuppyLinux(パピーリナックス)本家
http://www.puppylinux.com/

もちろんpuppy-2.17.1-JP-IME.isoをダウンロードして起動してみました。起動してネットワークの設定をしてスクリーンショットを撮っただけなんですけどね。
当然ですが、自分は実験はしますが、メニューまで日本語化されたバージョンを使います(笑
動作の軽快さは同じレベルに感じます。恐らく何か改善されていても誤差の範囲かと。そもそもが軽過ぎなので多少改善があっても体感では気付けないんじゃないかと思います。
puppy217jp_screen.png

起動してみて、しっかりSeaMonkeyバージョンがベースだったことに、自分的にはちょっとほくそ笑んでしまいますた。
ただ、デフォルト壁紙が変わっていたことに若干後ろめたさというか、このブログでも以前ビジュアルについてやや批判気味に書いてしまったので、ご厚意で作られている作者の方が気に触ったんじゃないかと気を揉んでおります。(そもそもこんなブログ読んで無いかもしれないですが)

で、また偉そうな発言なんですが、日本語版サイトを鯖以外はブログ形式にしてみてはいかがでしょうか?若しくは無料ブログとか。。。
善意と親切でボランティアで無料で運営されているのに恩恵に与っているだけの外野の人間が大きなお世話ですよね。すいません。
Knoppixなんて、ubuntuと同じDebian系なのになんで積極的に採用しないかって、あのサイト見るだけで面倒臭くてたまらなかったんで・・・見る気にすらならない不思議サイトなので同じ路線に行くんじゃないかと心配に・・・
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/112-0a004a21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。