--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.19 Linux(GNOME)でCD-R/RW・DVDを焼く
何をいまさら感が無くもないのですが、LinuxのGNOMEデスクトップ環境でCD-R/RWやDVDを焼く方法を記録しておこうかと思います。
 
1)GNOMEファイルブラウザ(nautilus)を起動する(開く)
Nautilus-01.jpg

2)メニューの「移動」から「CD/DVDの作成」をクリック
Nautilus-02.jpg

3)CDに焼きたいデータを別ウィンドウからドラッグ&ドロップする
Nautilus-03.jpg

4)「ディスクへの書き込み」ボタンをクリック
5)「1個のディスク・イメージ・ファイルを格納したディスクを作成しますか?」と聞かれるので「イメージから生成」若しくは「ファイルと一緒に生成」のどちらかを指示する。
Nautilus-04.jpg

「イメージから生成」はISOファイルなどのCDイメージを焼く場合、「ファイルと一緒に生成」はデータファイルをそのまま焼く場合に指示。

6)ディスクへの書き込みダイアログが出るので内容がそれで良いのか確認し「書き込む(W)」ボタンをクリック
Nautilus-05.jpg

7)焼けるのを待つ。ひたすら待つ。

という感じです。
CD/DVD焼きアプリも多数出ているようですが、デフォルトのファイルブラウザからそのまま焼くのが一番簡単かと思います。
ただ、自分の場合、この方法でライブCDのISOイメージを焼いて、何度か起動できないCDができてしまったりして確実に焼ける方法とは断言できないのが実状で、そういった場合にはWIndowsマシンで焼くとちゃんとできたりして元データは問題が無いようなので、ちょっと悲しかったりします。

何か方法が間違っているのでしょうか?
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/118-f1d4512b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。