--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.12 Austrumi 1.5.1 0902 日本語版を起動してみる
先日、「Austrumi 1.5.1 日本語版を起動してみる」で起動テストしたんですけど、密かにライブCDの部屋でヴァージョン違いがリリースされていました。
 
■Austrumi
http://cyti.latgola.lv/ruuni/
■ライブCDの部屋Austrumiのページ
http://simosnet.com/livecd/austrumi/

具体的に何がどう改善されたのかまではわかりませんでしたが、前回同様感動的な軽快動作をするディストリであります。
さらに、改善後においてもライブCDのデータ量が88MBしかないという奇跡のようなディストリであります。
そして、Puppyよりもさらにオンメモリ動作に研きがかかっているように感じます。

どうしても改善点が知りたいかたは自分でテストするか、ライブCDの部屋の中の方に質問でもして下さい。

ただ、ファイルマネージャの使いかたが難しいのと、なぜか今回はUSBメモリをマウントしてくれなくて、スクリーンショットの保存ができず、記録できませんでした。

ちょっと現段階では自分レベルでは使いこなすには辛いのですが、日本人の高スキルな方が興味を持っていじくれば非常に大化けする可能性を秘めたディストリだなと思います。
PuppyLinux、DSL、GrafpupLinuxなどのウルトラサクサク動作ディストリの中でも中核になれる実力があるかと。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/135-14885a80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。