--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.05 巫女 GNYO/Linux 2.4 を起動してみる
「巫女 GNYO」ネットでたまに目にするディストリだったわけですが、この名前を見た瞬間に使おうという気にならずにいたわけですが、それじゃいかんということで起動してみました。
文字通り、日本人が日本人のために作った、ディストリなわけですが・・・
 
● HDDを全く必要とせず、CD-ROMからの起動が可能
● ネットワークブートを利用して完全ディスクレス化が可能
● openMosixとSCore利用したクラスタリング
● kernel framebufferを利用した汎用性の高いX
● 厳選されたパッケージ
● Debian GNU/Linux完全互換(作業中)
● USBストレージデバイスを利用してユーザ環境を自動保存復元が可能
● 高度にカスタマイズされたCanna用美紗緒基本辞書

ということらしいです。

■巫女 GNYO/Linux
http://miko.gnyo.org/

とりあえず、最新バージョンは3.2ということらしいのですが、データがCDに収まらないサイズになっているので、ライブCD版で最新の2.4をダウンロードしてみました。

もうダメです。
正直言って、ブート画面を見た瞬間にフリーズしました。鳥肌が立ちます。でも頑張ります。

・・・まず、モニタの解像度をちゃんと認識されませんね。メニューにある設定から画面のダイアログを開いても、選択肢が800x600しかありません。
Xの設定をいじろうと、いろいろと試してみましたけど、まったく設定方法がわかりませんでした。
デスクトップ環境はおそらくxfceだと思います。
ネットワークはどうだろうと、自分のブログにアクセスしてみたところ、こちらは一発認識されてますね。

とりあえずスクリーンショットだけでも撮っておこうと、一度デスクトップに保存しUSBメモリをマウントしてデータを移動しようとしたら即座に固まりました。
しょうがないので、リセットボタンを押して再起動し、デジカメで撮影したものを掲載します。
mikognyo.jpg

本当はいろいろと調べれば解決策が見つかったんだと思いますが、このデスクトップ画像を見た瞬間にモチベーションがゼロです。
開発者さんは懸命に作ってくれたんだと思いますが、自分のようなこういうキャラクターに嫌悪感を持っている人間には辛いです。
非常に魅力的な制作主旨だと思うんですけど、あまりにもヲタク臭が強すぎて、なにか労力がもったいない気がします。
一般人受けというか、少なくともキャラクター路線でなくやっていれば違った印象になるんじゃないかと感じますね。
でも、こんなことは大きなお世話でしょうから、我が道を進んで下さい。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/143-1890f90f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。