--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.13 Puppy NOP 301 rev1 を起動してみる
先日コメントいただいたビズアイユさんがご執心というPuppyの派生ディストリであるPuppy NOPがずっとずっと気になっておりまして、血が騒いでいたんですけど、いかんせん、ついうっかりお古なノートパソコンを2台も仕入れてしまいましたので、Linuxでの実験はしばらくご無沙汰でした。(とはいいながら、そうでもないかな)
Puppyにデフォルトでxfceデスクトップ環境を仕込み、思いっきりWindowsXPもどきに仕上げたというこのPuppyはいったいどんなもんでしょうか。
 
■Puppy NOP
http://puppylinux.org/wikka/PuppyNOP

開発もスピーディなようで、Puppy本家にバージョンも追い付いているようです。

・・・素晴らしいです。

Puppyの軽快さはそのまんまでxfceデスクトップであります。ファイルマネージャもROXではなくなっています。使い勝手がナチュラルです。
そして、ビジュアルもそのまんまXPもどきになってます。
まぁ、正直ビジュアルがWindowsっぽいのはどうでも良いというか、むしろ避けたいところなんですけど、それはあとからどうにでも簡単に変更できるのでどうでも良いとして、デフォルトでPuppyなのにxfceな環境でなおかつドック風のランチャーというかタスクバーというか、パネルというか、そういった今風の装飾にも手を出しているところがかわいいです。
(スクリーンショットではDock部分を出すの忘れてますた)
PuppyNop_screen01.png

Puppyに魅力を感じてはいるんだけど、JWMは好きじゃないという方は、わざわざPuppyにxfceをインストールするのでなくデフォルトの環境になっていることを使ってみてはどうでしょうか。

次は日本語化してみたいなと思わせるディストリであります。
(英語が苦手な自分には日本語環境が無いのは問題外なので)

JWMではなく、xfceを試してみたいなと思った矢先だったので、これを知ったのはラッキーでした。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/147-98a9644c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。