--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.16 Ecolinux 1.7.0.1 を起動してみる
Ubuntu 7.10 GutsyベースにしたというEcolinux 1.7.0.1が突然リリースされました。
健康君はてっきり受験勉強にしばらく専念して、バージョンアップはしばらくお預けだなと思わせておきながら、ちゃっかりやってるんだから。もう。
GutsyベースのXubuntuが出ていない現況で、xfceデスクトップ環境のEcolinuxが先に出るってのは、ubuntu系xfceファンには嬉しい誤算じゃないかと思います。
(LinuxMintが一歩先にxfceエディションを出してますけど)

■The Ecolinux Project
http://ja.ecolinuxos.com/

正直、ubuntuファンの自分もGutsyについては嫌気が差していました。愛するLinuxMintも同様であります。
もちろん、オンボロマシンではなくて、ある程度のマシンでやれば無問題だったんでしょうけど、自分の実験用マシンではブート画面以降で壊滅状態で、起動するのすら面倒で面倒で次のバージョンか、改善版でも出るまで待とうかと思ってました。

しか~し!
なんと、このEcolinuxは起動中やログイン時のスプラッシュを無くしているせいなのかどうかわかりませんが、無事に起動完了までたどり着けました。
Gutsy系では唯一と言って良いものです。これでGutsy起動不能の原因はスプラッシュだったと確信しました。
それでもやっぱり起動直後は解像度もリフレッシュレートもおかしいんですけどね。でもすぐに直せる範疇。

つまり、どうしてもubuntu系でGNOMEやKDEが使いたい場合、俺様のようにubuntuで上手く起動できない人はEcolinuxをベースにデスクトップ環境やアプリを追加して使うという作戦もありなわけです。
完全なベースとして利用するという方法も生まれたわけです。

ビジュアル的には、前回の記事「Ecolinux 1.6.0.3を起動してみる」とまったく同じなので省略します。
ただ、より収録アプリを絞りこんだようです。つまり、EcolinuxはライブCDでの利用もできるけど、HDDにインストールして自分色に染めることを大前提にしているんですね。
まぁ、軽快動作することを前提ですから当然なんですけど、よりベーシックなubuntuとしてリポジトリも共有してることですし、非常に面白いポジションにいる存在と言えるのではないでしょうか。ubuntu界のベーシックを目指してさらに邁進し頑張って欲しいものです。

これでオンメモリ動作すればなぁ・・・

ちなみに、ライブ起動ではスクリーンショットのアプリも消しちゃったようです。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/150-4d301de6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。