--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.20 PuppyLinuxに2ちょんねるブラウザV2Cを仕込んでみる
Puppyがまともに動くようになったら、当然ですが、2ちょんねるを使いたくなるわけで、そうなると当然2ちょんねるブラウザも欲しいわけです。
そこでLinuxの場合はJDやらおちゅ〜しゃやらV2Cやら選択肢がいくつかあるわけですが、ネット徘徊していてPuppyに一番適していそうなのがV2Cっぽいので仕込んでみます。
 
まずは、V2CのホームページよりUNIX系用のインストーラ付きパッケージをダウンロードして来ます。
■V2C
http://v2c.s50.xrea.com/

すると、「V2C_T20071010a_withJRESetup_Linux.bin.part」というファイルが落ちてきますのでそれをrootに保存。

デスクトップにある「日本語端末」をクリック。
chmod +x V2C_T20071010a_withJRESetup_Linux.bin
とコマンドを実行するとrootにある対象データのファイル名が緑色になるので、それを確認したら次は
./V2C_T20071010a_withJRESetup_Linux.bin
とコマンドを実行すると「 Install V2C with private JRE under directry "V2C" ? [y/n] 」
と聞いてくるので「y」と打ってEnter。
すると、rootディレクトリの中に「V2C」というディレクトリができてしばらくファイルが展開されるので、それを待って「 Create Desktop V2C Icon ? [y/n] 」と端末に出てきたら「n」と打って終了。(なんでここで「n」かというと、Puppyのディレクトリ構成だと、V2Cのデフォルト設定とは違うようでアイコンが反映されないようなので)
で、このままだとメニューには登録されないので、自分でその「V2C」ディレクトリの中にある「V2C」ファイルをドラッグ&ドロップでデスクトップにコピーして起動できるようにしておく。これを忘れると起動するたびにホームアイコンをクリックしてからになるので面倒臭い。
そのアイコンを右クリックして、自分の好きなアイコンを登録すればOK。アイコンは
http://v2c.s50.xrea.com/contrib/
ここ↑からダウンロードできるのでデフォルトが嫌な人はどうぞ。
v2c_puppy.png
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/152-a64b67a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。