--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.23 Geubuntu 7.04 beta Prima Luna MoonLight Edition を起動してみる
ちょっと遅すぎる感もありますが、いろいろなネット徘徊先で一時話題になったgoogle先生の活用に特化したLinuxであるgOSでもちょっと使ってみようかと思っているとu-bonさんの昔のブログのこの記事に何やら見慣れないディストリの名前をみつけてしまいました。その名は「geubuntu」。
gobuntuのスペルミスかと思っていたら違うディストリな様子。さて、これはいかに。。。
 
■Geubuntu
http://www.geubuntu.intilinux.com/

まず、ダウンロードが苦難。torrentファイルからダウンロードするようになっているのですが、これがぜんぜん落ちてこない。つーか、誰もこのファイルを共有していない。数時間に一度くらい、おフランスの人が一人繋がるだけ。これは永遠にダウンロードできないと思っていろいろと探してみると、Geubuntuを記事にしたVivaLinuxというサイトを発見。u-bonさんのViva-Ubuntuと似てますが別のサイトです(笑
http://www.vivalinux.com.ar/distros/geubuntu-7.04.html
ここから、zip偽装したISOファイルが直接ダウンロードできました。torrentよりはるかに早いです(笑。
そして、何と言っても怪しい。変なエロサイトに飛ばされるリンクがあったり偽装リンクもあったり、ちょっと気持ち悪いです。

Editionが二種類あって、昼間をイメージした「SunsineEdition」と夜をイメージした「MoonlightEdition」があるようです。自分はいちよう(←なぜか変換できない)両方ともダウンロードしてみました。

デスクトップ環境は、どうやらgOSと同じEnlightenmentにnautilusを組み合わせたようです。ubuntuでもSynapticに入っていたような気がします。
ちょっと異様というか、異国情緒というか、経験の無いデスクトップのイメージですね。人と違うものが好きな人には良いかもしれません。
同じデスクトップ環境だからかもしれませんが、以前テストしたElive Gemと同じような異物感というか異次元空間というか、そんな感じです。
操作感も非常に違和感というか、使い慣れればどうってことの無いレベルの違いですが、いまいちわかりません。ubuntu系ですから日本語化して使ってみようかと思いもしたのですが、今回はそういったモチベーションが沸きませんでした。
(日本語SCIMは使えませんが、日本語表示は変なフォントでされるようです)
geubuntu-screen.png

以上、報告だけということで。

ちなみに、GeubuntuもgOSもハイスッぺクなVAIOではエラーの羅列ばかりで起動すらできませんでした。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/154-e864967f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。