--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.10 Pup214R(Puppy Linux 2.14 Revisited) v1.00 を起動してみる
いつもいろいろとアドバイスをいただいている、そしてPuppyLinux日本語版に甚大な労力を提供して頂いている暇人さんより、PuppyLinux2.14版をベースにした派生ディストリであるPup214R(Puppy Linux 2.14 Revisited) v1.00 を紹介しただいたので起動してみました。
 
■Pup214R該当ページ
http://www.murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=24082

PuppyLinux2.14との大きな違いは、該当ページをつたない英語力で読解する限り、HotPup(ドライブを開始して、アンマウントするためのアイコンによる使いやすいアプリ)だそうです。あとは、2.14ベースのまま最新アプリに対応みたいなことが書いてありますが、正確に訳せないのでよくわかりません。

なかなか起動させることができず、デスクトップを拝むのに時間がかかってしまいましたが、どうやら初期設定が既に仮定されていて、それがvesaの800x600というデスクトップに固定されているからのようです。何度がチャレンジして起動後にvesaで自分のノートパソコンの環境である1024x768に変更することで、ちゃんと見られるようになりました。もしかしたら、環境が固定されるノートパソコンじゃなくて普通のパソコンだったらこういう起動時の苦労は無いのかもしれませんが、そこは実験していないので不明です。

Xorgでも設定しなおしてみたのですが、Xorgだとタッチパッドのスクロールはできるけどタッチでのクリックが不能、vesaだとスクロールは不能だけどもタッチでのクリックは可能という、どっちにしてもノートパソコンでは重要な機能の何かが欠けてしまうという状況ですが、これはどのバージョンのPuppyでも共通の問題なので、このディストリだからでは無い現象なので見なかったことにします(笑
pup214r-screen.png

それと、このマシンはメモリを192MB積んでいるのですが、他のバージョンのPuppy(Puppy2.14、2.16、3.01、PuppuNOPなど)では起動時に90MB程度の余裕があるのですが、これではなぜか残り4MB程度しかありません(両方ともHDDのSwapパーテーションを使わない場合)。ブラウザを起動するだけで赤色表示になってしまいます。これはちょっと怖いです。何度起動しなおしてみても同じですね。ハード的な故障かと思ってBIOSに戻って確認してみたりInterface Infomationで確認してみたりしたんですが、メモリそのものは認識はちゃんとされているようです。なんでなんでしょう・・・・
それと、シャットダウンするときに、一度初期画面に戻って、再度シャットダウンすると今度はコンソール画面になって、そこで”poweroff”コマンドを打ってやっと本当にシャットダウンできるというのは、ちょっと不便過ぎていただけないですね。。。。

動作そのものは、軽快LinuxであるPuppyも、他のディストリ同様、バージョンアップを経れば経るほど、便利さや綺麗さを付加させればさせるほど、大なり小なり動作上の負荷は大きくなるわけですが、ベースが2.14というだけあって、さすがに3.01と比較するとアプリの起動も早いですし、軽快感も高いですね。それにマウントの安易さという付加価値が付いたわけですから、これは便利です。

最近のLinux、特にGNOMEやKDEをデスクトップ環境にした高機能ディストリではドライブのオートマウントは至極当然の機能みたくなってるですが、この機能がPuppyに付いたと思えば良いのかなぁと思います。
スクリーンショットを保存するのにUSBメモリーを挿してみましたが、挿した数秒後に自動認識されますね。自動認識でありながら、マウントさせるかどうか質問してくれるのも親切です。

これで2MBの容量らしいので、是非ともこの機能をPuppyの本家も採用して貰いたいものです。

少ない容量にこだわるのも技術の進歩に重要ですが、これだけ大容量が当然になってしまった現在、少ない容量を背骨にして、そこに多くの便利機能やアプリ(複数のデスクトップ環境やオートマウント機能や一部の今風アプリ)を追加した650MBのCDRで作成する枝葉のバージョンISOの二刀流ってのも悪くないのかなと思いました。

今回は、期間限定で暇人さんが公開してくれた日本語IME&フォントの仕込み済みバージョンを使わせて貰ったので楽ちんでしたが、日本語化が簡単なのかどうかは不明であります。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/164-397026a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。