--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.12 PuppyLinux 3.01 にHotpup(かんたんドライブマウンタ)をインストール(失敗)
いつもいろいろとアドバイスをいただいている、そしてPuppyLinux日本語版の日本語化に甚大な労力を提供して頂いている暇人さんより、PuppyLinux2.14版をベースにした派生ディストリであるPup214R(Puppy Linux 2.14 Revisited) v1.00 を紹介しただいたので起動してみました。という記事を先日書いたわけですが、自分がPup214Rに対しての不満を述べていたところ、ご親切にPup214Rの特徴であるドライブマウンタをわざわざバージョン3.01向けにパッケージ化してくれました。
別に俺様の為にやってくれたわけじゃあないんでしょうけど(笑
 
■Puppy日本語版用Petパッケージ置き場
http://openlab.jp/puppylinux/download/packages/
■該当ファイル直リン
http://openlab.jp/puppylinux/download/packages/hotpup_301-2.pet
■フォーラムの中の説明ページ
http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?t=355

まぁ、自分がここにわざわざ書くまでもなく、フォーラムを読めば良いわけですが、備忘録なので、そのまんまですけど書きます。

で、お馴染みPuppyのインストール作業(と言ってもpupファイルをクリックするだけ)を完了させ、説明を見てみると/rootディレクトリの「.initrc」ファイルに以下の赤い字の部分を加筆するとあるので、探してもどこにも無い・・・と思ったら、「.initrc」ではなくて「.xinitrc」ファイルですね。ビックリしますた。このとき、目玉アイコンをクリックして隠しファイルを表示するのを忘れずに。
で、その「.xinitrc」ファイルを右クリックして「テキストとして開く」若しくは「Open With」からLeafpadで開きます。すると、最上部に

. /etc/rc.d/PUPSTATE

export XMODIFIERS='@im=SCIM'
export GTK_IM_MODULE="scim"
export QT_IM_MODULE="scim"
export LANG=ja_JP.UTF-8
scim -d


と書かれているので、その下に一行開けて

# this should be done in xinitrc
##### clean all old entries from pinboard -- the "dirty" way, before Rox starts
PINFILE=$HOME/Choices/ROX-Filer/PuppyPin
grep -E -v '>/mnt/[a-z]?[[:alnum:]]+<' $PINFILE >$PINFILE.tmp
mv -f $PINFILE.tmp $PINFILE
#####

/etc/HotPup/HotPup.sh all &


上記の文字列を追記します。つまり

. /etc/rc.d/PUPSTATE

export XMODIFIERS='@im=SCIM'
export GTK_IM_MODULE="scim"
export QT_IM_MODULE="scim"
export LANG=ja_JP.UTF-8
scim -d

# this should be done in xinitrc
##### clean all old entries from pinboard -- the "dirty" way, before Rox starts
PINFILE=$HOME/Choices/ROX-Filer/PuppyPin
grep -E -v '>/mnt/[a-z]?[[:alnum:]]+<' $PINFILE >$PINFILE.tmp
mv -f $PINFILE.tmp $PINFILE
#####

/etc/HotPup/HotPup.sh all &


こうなります。で、システムの再起動と・・・・

ところが、再起動すると自動的にドライブを検出してアイコンを作ってくれない上に、/etcディレクトリに/HotPupディレクトリが作られていません。しょうがないので、強引に端末で
hotpup とか hotpup -d
と打っても起動できません。およよよよ・・・これはおかしいと、試しに
hotpup-settings
と打ってみると、なぜか設定マネージャは起動できました。で、Xの再起動をすると、ラッキーにも/etcディレクトリに/HotPupディレクトリが作られましたが、依然として起動できません。しょうがないので、もう一度システムを再起動してみると・・・ダメです。起動できません。

その後、とりあえず設定マネージャだけでもスクリーンショットを撮っておこうとUSBメモリを挿したところ、当然ですがドライブアイコンは出ませんでしたが、その代わりにpmountでマウントさせようとしたところ既にマウントされている状態でした。つまり、アイコン表示はされていないけどオートマウントは裏で動いていたということになるのでしょうか。でも、Hotpupはドライブ認識後にマウントするかしないか聞いてくるはずなので、その辺は謎です。
hotpup-screen.png

以上、失敗でありました。

おまけに、日本語端末のデスクトップアイコンが歯車みたいなアイコンに変わっちゃってます。なんじゃこりゃ。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/165-efee72a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。