--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.23 Ecolinux 1.7.1.3 をインストール
なんだかんだ言いながら、放置しているように見せかけて、微妙にいじってひっそりリリースされるEcolinuxですが、案の定さらりとヒッソリと1.7.1.3にバージョンアップされてリリースされていましたので、今回は改造中のノートが離れたところでなく、仕事している手元にいつでも置いてあるという良い機会なので久々にHDDにインストールしてみようかと思います。
 
■The Ecolinux Project
http://ja.ecolinuxos.com/

リリースノートによると・・・
Ecolinux 1.7.1.3リリースノート

*アイコンテーマをTangoにしました。
*ウィンドウマネージャのテーマをDefaultにしました。
*インターフェイスのテーマをClearlooksにしました。
*システムをアップデートしました。
*パッケージをインストールすることでEcolinuxのアップデートができるようになりました。Ecolinux 1.7.xのユーザーはEcolinux Default Settings 3.5をインストールすることでアップデートできます。


とのことです。まぁ、ビジュアルの概要的なものはほとんど同じで、MACっぽいところを少しxfceデフォルトにしたという感じでしょうか。変更点については、リリースノートのとおりかと思います。
ブログではこう言ってます。

*著作権を侵害する恐れがあるテーマの差し替えとアップデートの簡易化です。

ただ、今回気になったのが、Gutsyベースの特徴にさえなってしまっているハード認識やディスプレイ関係の設定は無視するとして、ライブCDのときは普通だったんですが、HDDにインストールし再起動したら、デスクトップの文字やパネルの文字など全体的に非常に小さくなってしまったということです。このマシン特有の問題なのかもしれませんが、ライブCDといきなり違ってしまうという状況はちょっとビックリするかなと思います。xfceはGNOMEやKDEと違ってGUI上で調整できるものが少ない(俺が知らないだけかも)ので、いちいち調べて調整するのが面倒であります。
eco1713-snapshot1.jpg

Ecolinuxセットアップヘルパの中身が、心なしか増えて充実しているように感じます。
(前回の中身がすでにわからないので未確認ですが)
eco1714-setuphelper.png

相変わらずベーシックなものとしては秀逸ですね。ここからどういじるか、ubuntuのリポジトリをそのまま使ってやりたい放題できますから、Gutsyのカーネルに不満が無い人で、余計なものを排除したいかたにはうってつけじゃないかと思います。

Ecolinuxの魅力は、はじめは健康君の友人の非力なちょい古マシンで動くディストリ開発ということだったと思いますが、いまやubuntuの最低限環境をGUIレベルで提供するベーシックubuntuと化しているかと思います。かと言ってEcolinux-Lightほどまで削ぎ落とさなくていいやという人にはたまらない魅力ですね。

まことに勝手ながらタスクバー(パネル)は上に持ってきて、アプリのアイコンは下のパネルに仕込んで「自動的に隠す」にするというのが最近のマイトレンドになっていますので、勝手ながらビジュアルは変更してあります。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/181-401b088f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。