--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.16 PuppyLinuxでsambaをファイルブラウザ上で使う(ファイル共有)
さて、すっかりPuppyの大ファンになって久しい自分ですが、それでもいくばくかの不満がありました。
現段階で浮かぶそれは、多くのxfceデスクトップ環境でも同じですが、GUI上(ファイルブラウザ上)でネットワークに繋がった他のマシンとファイル共有ができない(正確に言えば「LinNeighborhood」を使えばできないことは無いんですけど)ということと、ノートパソコンでの利用時にタッチパッドのSyanapticドライバが無いということでした。
 
その不満のひとつ、いわゆる「ファイルブラウザでsambaをしゃべる」が解決できましたので報告します。

先日のエントリー「DreamLinux 3.0 Beta3を日本語化してみる」のコメント欄で、PuppyLinux日本語版で活躍してらっしゃる暇人さんから動作確認してくれということでコメントがあったのですが、やってみたらこれが非常に秀逸です。マジで素晴らしいです。
デスクトップ上からワンクリックでファイルブラウザ上でネットワーク上の他のマシンのファイルをポンポンと気楽に扱えるようになりました。

要は、PuppyLinux用のfusesmbのpetパッケージを作ってくれたわけですが、そのインストール&使い方を記録しておかないときっとスグ忘れるかと思いますので、記録しておきます。

1) PuppyLinux日本語版のダウンロードサイトであるOpenlabのパッケージディレクトリから「fusesmb-0.8.7-i686.pet」というパッケージを任意の場所にダウンロード。
http://openlab.jp/puppylinux/download/packages/
(ファイルに直接リンクするのは心苦しいのでパッケージディレクトリをリンクしておきます)
こちら↑からダウンロードして下さい。

2) /rootディレクトリに「smb」ディレクトリを作成。
Puppyの場合、userとrootの区別がデフォルトではありませんので、デスクトップ上のホームアイコンをクリックすると、それが/rootディレクトリになるわけですが、そのディレクトリの中で右クリックして「新規作成」から「ディレクトリ」をクリックするとディレクトリ作成のダイアログが起動しますので、その記入欄の「/」より右側に「smb」と記入し「作成」ボタンをクリックして完了です。
念の為と不安なかたは、一度ディレクトリを遡って/rootディレクトリに入っても良いかと思います。

3) fusesmb-0.8.7-i686.petパッケージをインストール。
先ほど1)でダウンロードしたfusesmb-0.8.7-i686.petパッケージをクリックすると、あとは全自動でインストールされますのでインストール完了のダイアログが出るまで待機するだけです。

4) fusesmbを実行。
デスクトップ上の「日本語端末」アイコンをクリックしてコンソールを起動し
fusesmb /root/smb
とコマンドを実行します。すると、先ほど作成したsmbディレクトリ上にはネットワーク上のマシンが自動的にマウントされます。

5) デスクトップ上にsmbディレクトリを作成。
いちいちホームアイコンから「smb」ディレクトリに行くのは面倒ですから、デスクトップ上にそのディレクトリに直接アクセスできるようにショートカットを作成します。
ホームアイコンをクリックし、その中にある「smb」フォルダをクリックしたままデスクトップにドラッグするだけです。あとは、好みによって右クリックから「マウントポイント 'smb'」から「アイコンを設定」を指定し、アイコンを設定して下さい。
(自分はアイコンを探すのが面倒なので、フォルダアイコンのままにしてあります)


もしも、違うディレクトリをsambaのマウント用に使いたいのであれば、/usr/local/bin/ディレクトリにある「Fusesmb」ファイルをエディターでテキストとして開き、6行目あたりにある「fusesmb /root/smb」という文字列の「/root/smb」の部分を利用したいディレクトリに書き換えると使えるそうです。

このパッケージは、PuppyLinux2.17以降のバージョン(カーネル2.6.21.*)に有効ということですので、それ以前のカーネルの方は注意です。

以上です。簡単です。素晴らしいです。便利です。
ただし、これを起動時に自動的に実行する方法がPuppyの場合はわかりません。起動するたびにコマンドでの始動が必要になります。誰かPuppyで自動起動する方法を教えてくさい。


※さっそく自動実行についてアドバイス頂きました。
ホーム(/root)ディレクトリにある.xinitrcという設定ファイルに

fusesmb /root/smb
と追記することで、起動時にfusesmbが実行されます。
ちなみに自分はscim -dという文字列の下の行に追記しました。


※このエントリーのパッケージは3.01でしか使えないとのことで、2.17用のパッケージは別に設けられました。
2.17R用fusesmbパッケージ:
http://openlab.jp/puppylinux/download/217R/
2.17で利用する場合、上記のディレクトリより「fusesmb-0.8.7-i686-217.pet」というパッケージをダウンロードして下さい。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/189-101e579e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。