--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.18 Ecolinux 1.7.2 を起動してみる
いつも気づかないうちにリリースされるEcolinuxですが、今回もまたさらりとヒッソリと 1.7.2にバージョンアップされてリリースされていましたので、起動してみようかと思います。
 
■The Ecolinux Project
http://ja.ecolinuxos.com/

・Ecolinux 1.7.2リリースノート
http://ja.ecolinuxos.com/Entry/58

上記リリースノートによると・・・

*壁紙を変更しました。
*wifi-radarを搭載しました。
*EcolinuxセットアップヘルパやGNOME Application Installerを削除しました。
*Ecolinux 1.7.xのユーザーはEcolinux Default Settings 4.0をインストールすることでアップデートできます。


ということであります。

wifi-radarというのは、どうやら無線LANの便利ツールということらしいのですが、無線LANを使わない自分にとっては、少々興味外の機能なのでよくわかりません。

EcolinuxセットアップヘルパやGNOME Application Installerを削除というのは、つまり、ubuntuには無いけどEcolinuxでは搭載された機能ということで、個人的には思い入れというか、Synapticやapt-getやaptitudeをいこなせる人には関係ないかもしれませんが、初心者向けの便利ツールとしては秀逸だと思っていたのでちょっと寂しさを感じます。ただのubuntuの軽量化版というだけでは、魅力という意味では寂しい気がするので・・・

壁紙については毎度変化するので、壁紙そのものに特にどうだというのは無いんですけど、デフォルト起動したときに印象というか、ヴィジュアルというのは結構はじめて使う際に重要な要素、とくにWindowsから転向して来る人にはお見合いのときの挨拶みたいなものであって、そろそろ統一性というか、Ecolinuxとしてのヴィジュアルの方向性を確立するべきじゃないかとかねがね応援団としては感じるので、パネル(タスクバー)のサイズや配置、アイコンなど含めてちょっと検討が必要なんじゃないかと思います。

クール指向とか、プリティ指向とか、スイーツ(笑)指向とか、ホンワカ指向とか、シュール指向とか、なんでも良いので健康君の考える方向性をそろそろ示して欲しいところです。できれば一目見ると「これはEcoLinuxだ」とわかるようにできたら良いかなぁ、なんて思います。

ポリシーというかテーゼというか、政治政党で言えば「党是」、会社で言えば「社是や社訓」、つまり、Ecolinuxはこうだぜ、こういう方向だぜ、という確固たるものが無いと、ただの趣味の域の気まぐれということになりかねず、フェードアウトしそうでファンとしては悲しいことです。

今回のリリースはおそらく軽量化が主で大きな変化があるものでは無いと思うので、使い勝手や動作については過去のエントリーでも読んで下さいということで書きませんが、あえて少々厳しいというか、ちょっとだけ辛い物言いに留めたいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/190-fa6e577c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。