--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.23 PuppyLinuxでノートパソコンのタッチパッド(Synaptics)を使う
先日、PuppyLinuxを使う上で不満に思っていたGUI上のファイルブラウザでネットワークでのファイル共有がいつもアドバイスを頂戴する暇人さんのpetパッケージ化でいとも簡単に解決したわけですが、もう一つの不満点であったノートパソコンでの使用における、タッチパッド機能の有効化について、PuppyLinux日本語版のフォーラムで今度はnyuさんにアドバイスをいただき無事に解決したので報告がてら記録しておきます。
 
おそらくそうだろうと睨んではいたのですが、いろいろと調べてみると、ドライバのインストールが必要というわけでなく、どうやらPuppyLinuxの親分であるBarryさんが個人的にタッチパッドのタップ機能が好きじゃない、気に入らないということで、個人的な好みで初期セッティングで動作しないように仕込んでいたようです。
(英語力が足らないので完全にそうであるとは断言できないのですが、そういう言葉らしき文字列を本家フォーラムのどこかで見かけました。)

xorg.confを眺めてみると、ノートパソコンで初回起動時には既にデバイス該当欄に「Synaptics Mouse」はあるわけで、認識はされているということはわかっていたんですが、なんで項目があるのに動かないのか疑問だったわけですが、やっと解決できました。

まずは、ファイルブラウザのFile Systemから/etc/X11/xorg.confを開きます。
Puppyの場合、デフォルトはユーザー権限ではなく管理者権限での起動ですので、そのまんまファイルを開いて書き換えできます。
(ただし、念の為に書き換え前にいつでも戻せるようにxorg.confをバックアップしておくべきでしょう)

開いたら

Section "InputDevice"
 Identifier "Mouse0"


という行を探します。見つかったら

Section "InputDevice"
Identifier "Mouse0"
Driver "mouse"
Option "Protocol" "auto" #mouse0protocol
Option "Device" "/dev/mouse"
#Option "Emulate3Buttons"
#Option "Emulate3Timeout" "50"
Option "ZAxisMapping" "4 5" #scrollwheel
EndSection

上の文字列をそのまんまコピペするか、同じになるように書きます。
次に

Section "InputDevice"
 Identifier "Synaptics Mouse"


という行を探します。見つかったら

Section "InputDevice"
Identifier "Synaptics Mouse"
Driver "synaptics"
Option "Device" "/dev/psaux"
Option "Protocol" "auto-dev"
Option "LeftEdge" "1700"
Option "RightEdge" "5300"
Option "TopEdge" "1700"
Option "BottomEdge" "4200"
Option "FingerLow" "25"
Option "FingerHigh" "30"
Option "MaxTapTime" "220"
Option "MaxTapMove" "220"
Option "VertScrollDelta" "100"
Option "MinSpeed" "0.10"
Option "MaxSpeed" "0.30"
Option "AccelFactor" "0.0030"
Option "SHMConfig" "on"
#Option "Repeater" "/dev/ps2mouse"
EndSection

上の文字列をそのまんまコピペするか、同じになるように書きます。
これだけです。以上を書いて上書き保存したら「Ctrl+Alt+Backspace」でXの再起動をします。
(再起動できなかったらコンソール上で「xwin」と打ち込むだけです。)
上記の文字列が無いようであれば、追記してしまえば大丈夫だと思います。

おそらく、Syanapticsですのでタッチパッドの汎用ドライバですからほとんどのノートパソコンもこのままで行けると思います。タップタイミングもスクロールの具合も個人的にはこの数字でドンピシャです。
どうしても気に入らない人はTapTimeやその他の数字をいろいろといじって調整して下さい。
数字は、座標、若しくは秒数になっているようです。

PuppyLinuxのnyuさんに感謝します。さらに、いつも世話を焼いてくれる暇人さんにもここで改めて感謝します。いつもありがとうございます。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/193-4bffcc54
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。