--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.25 Ecolinuxでfusesmbをユーザー権限で普通に使う
さて、先日のエントリー「Debian系Xfce採用ディストリ利用時のfusesmb(ファイル共有)の仕込み」で、最後のほうに追記した『Ecolinuxにおけるfusesmbの動作については、「ユーザーとグループ」の操作がシステム上できません(おそらく削除されています)ので、すべて管理者権限で行う必要があります。』の件ですが、何やらできるようになりましたので、報告がてら記録しておきます。
 
まず、Ecolinuxのスタートメニューと日本語化したLinuxMintのxfce Editionスタートメニューを見比べて見ると、どうやら「ネットワーク」や「ユーザとグループ」や「フォルダの共有」という感じの文字列が見当たりません。ということから、これを入れれば普通にユーザー権限でネットワーク共有ができると自分に言い聞かせました。

しばらくグーグル先生で調べて見ると、xfceデスクトップ環境もGNOMEと同じGtk上で作られたものでしょうから、共通の何か利用し合っているものじゃないかということで。。。すると、これらはどうやら「GNOME System Tools」の機能らしいことがわかりました。

まぁ、とりあえず入れてもダメなら削除してしまえと思いやってみました。コンソールから
sudo apt-get install gnome-system-tools
で「gnome-system-tools」をインストールし、それから先日の「Debian系Xfce採用ディストリ利用時のfusesmb(ファイル共有)の仕込み」の一連の作業をしてみたところ・・・

GNOMEにデスクトップを乗っ取られることもなくできました。至極簡単でした。ありがとうございました。

当然Synapticパッケージマネージャからもインストールしてできるかと思います。お試しあれ。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/194-e472048b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。