--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.22 gOS Rocket E2.0 を起動してみる
みなさん、とっくにお気づきだとは思いますが、一応自分用のチェック事項として書いておきます。
gOSのホームページがMySpace Appsのトップページになって、この仕様を大々的にアピールしていますが、その影でひっそりと従来のgOSがヴァージョン2.0として正式版がアップロードされました。
 
■gOS
http://dev.thinkgos.com/

しかも、今回はGNOMEバージョンも一緒に出ています。
ただし、MySpace版にしてもGNOME版にしても、微妙に700MBを越える容量で、ライブCDにはできません、この微妙なサイズでDVDにしなければいけないという悲しさです。ですから、当然ですが、Coppermine時代のCDドライブしか付いていないようなマシンでは起動できません。
(実は再生だけならDVDドライブも数台余ってるんですけど、焼くのも繋ぎ直すのも面倒なので使いません)

そんな感じなので、当然ですが、Enlightnmentデスクトップ環境を採用したRocket E 2.0しか選択肢が残りません。他のバージョンは見なかったことにしようかと思います。

で、起動してみるわけですが、これまたもう恒例の、いつものことですが、さすがubuntu7.10-Gutsyがベースだけあって実験用マシンのモニターの解像度1024x768をちゃんと認識しないし、リフレッシュレートも滅茶苦茶だし、起動後もキチンと修正できません。7.04までは非常に優秀だっただけに惜しいところですが、これはもうしょうがない。8.04になったらまともになると期待しようかと思います。
ちなみにubuntu7.10の初心者トラップとも言える起動スプラッシュですが、gOSはXGAサイズのスプラッシュなので、これは平気なようです。

唯一まとも(でもないけど)表示だったのが、なぜか1280x768ということで、しょうがないので、それで表示させました。これはライブCDでなくインストールすればxorg.confの調整でどうにかできるかと思いますので、今回はとりあえずこのままで気づかなかったことにしてチェックだけしてみました。
(スクリーンショットはワイドスクリーンとしてはまともに見えますが、実際はこの縦横比が4:3になって表示される状態です)
gos20e.jpg

ちなみに、動作はEnlightnmentデスクトップ環境だけあってサクサクです。xfceより軽く感じます。
日本語化については、後日改めてやってみようかと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/211-2f69e811
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。