--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.16 Puppy Dingo 4.0 NOP を日本語化してみる(失敗)
じゃあ、せっかくですから、Puppy Dingo 4.0 NOP日本語化してみます。
とはいっても、3.01で一度できているので、その応用というか、そのまんまになります。

■前回のPuppyNOPの日本語化のエントリ
Puppy NOP 301 rev1 を日本語化してみる(成功)
 
まずはフォントのインストールから。

デスクトップにある「Home」ディレクトリを開いて、Viewメニューから「Show Hidden Files」を選択。すると、ディレクトリ内の隠しディレクトリや隠しファイルが見えるようになるので、その状態でファイルマネージャ内で右クリックし「Create Folder」を選択して「.fonts」ディレクトリを作成。「.font」じゃなくて複数形の「.fonts」なので間違えないように(こういうミスは俺様だけか)。
そして、そのディレクトリの中にダウンロードするなりストックしているなりしている日本語フォントをコピペ。この段階で、日本語の「読む」「見る」という作業は完了。インストールというよりもコピペするだけ。

ちなみに、/usr/share/fonts/default/TTFディレクトリへのコピーでもOKです。

続いて、日本語入力環境。

http://openlab.jp/puppylinux/download/test/から
「anthy-9100c-i686.pet」若しくは「canna-3.6.pet」
「scim-1.4.7-i686.pet」
「scim-anthy-1.2.4-i686.pet」若しくは「scim-canna-1.0.1-i686.pet」
「ja_e-0.02_221.pet」
を任意の場所にダウンロードするか、若しくはあらかじめダウンロードしておいて、USBメモリなどから任意の場所にコピーしておく。若しくは、暇人さんのブログを知っている方なら、「ja_e-0.02_301.pet」を拝借してきて「ja_e-0.02_221.pet」の代わりに入れる方が良いかもしれません。


1-「ja_e-0.02_221.pet」若しくは「ja_e-0.02_301.pet」
2-「scim-1.4.7-i686.pet」
3-「scim-anthy-1.2.4-i686.pet」若しくは「scim-canna-1.0.1-i686.pet」
4-「anthy-9100c-i686.pet」若しくは「canna-3.6.pet」

の順番でインストール(別に順番はどうでも良いかもしれません)。
で、OKなはずだったんですが、「scim-anthy-1.2.4-i686.pet」のインストールで
scim_anthy_error.png

こんなエラーが出てしまって、ちゃんとインストールされません。
インストールがちゃんとできる「scim-canna-1.0.1-i686.pet」のほうが良いと思います。
どうもこの「scim-anthy-1.2.4-i686.pet」が何かいけないようです。ちなみに、「scim-anthy-1.2.2-i686.pet」でもダメでした。
ここは、皆さんAnthyではなく、Cannaにすることをおすすめします。

で、ここで一度再起動。
再起動したら、startメニューのSettingsの中に「Chooselocale Country localisation」というボタンがあるのでそれをクリック。すると別にダイアログが表示され、その中に「LOCAL」というボタンがあるのでそれをクリック。するとさらに言語選択のダイアログが表示されるので「 ja_jp.UTF8」を選択し、Xの再起動(自動)。
Xが再起動されたら日本語化されているかをチェック。端末から
locale
を実行。端末上に「ja_JP.UTF-8」が出まくれば日本語化完了。

で、最後に端末を起動し
scim -d
を実行すると・・・SCIMがデーモン上で起動します。

自動起動に登録するには、Menuの「Settings」から「Autostarted Applications」のダイアログを起動し、「+Add」ボタンをクリック、「Name」欄に適当な名前(SCIM-jaとか)を入力し、「Command」欄に「scim -d」と入力しOKボタンをクリック。

これで終わり。

なはずだったんですけど、SCIMは確かに起動できているんですが、インストール失敗したAnthiyとCannaの両方が入った状態ではひらがなしか入力できず、漢字に変換できないという状態で、それじゃということでパッケージマネージャから「scim-anthy-1.2.4-i686.pet」と「anthy-8813-i686.pet」をアンインストールして再起動しCannnaだけの状態にしてもやはり変換できない。変換どころか、アルファベットしか今度は入力できない・・・

ということで、3.01の日本語化と同じパッケージではできないということが発覚しました。当然なんでしょうか。

ちなみに、暇人さんの出血大サービスパッケージの400日本語化スクリプトもダメでした。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/224-3d76ce62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。