--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.20 KeyHoleTVが見られた
さて、先日のエントリー「 LinuxMintでチューナー無しでテレビを見る 」でKeyHoleTVでTVを見ることにチャレンジしたわけですが、何をやっても結局視聴できませんでした。
で、諦めかけていたのですが、ふとしたことで視聴することができましたので報告します。
 
「 LinuxMintでチューナー無しでテレビを見る 」のエントリーではありがたいことにコメント欄で皆様にいろいろとアドバイスを頂いて、都度その方法を試していたわけですが、一向に視聴できる気配がありませんでした。
その間、WindowsXPのマシンで試してみたり(こちらはインストール即視聴できました)、ALSA版ではなくALSA-SDL版にしてみたり、ESD版にしてみたりしたわけですが、それでもサーバーに繋がらずログインができないという状況でした。
オリンピックの影響でアクセスが増えたりアタックがあったりしてサーバー側の問題じゃないかと予想したわけですが、WindowsXPのマシンでは簡単に繋がるということで、そうでは無いのではないかと思ったわけですが、アプリにサーバーの設定があるわけじゃなし、ポートを開くとかの問題でも無いようですし、お手上げ状態にあったわけです。

で、今朝、仕事の文書ファイルを開こうとフォルダを開いたときに、何の気無しに気まぐれ的にコマンドではなく/homeディレクトリの/KeyHoleTVディレクトリの中にある「lkeyholetv」をダブルクリックしてみたら・・・繋がっちゃいました。
keyholetv-cap.jpg
なんじゃこりゃと思って一度停止して、パネルにあるKeyHoleTVのショートカットアイコンをクリックすると、今度は繋がりません。パネルアイコンのプロパティから「コマンドで実行」にチェックを入れたり外したり、起動通知のチェックを入れたり外したりして試したのですが、まったく繋がりません。端末からコマンドで直接ディレクトリの実行ファイルを叩いてもダメです。オプションの「-D plug:dmix」を付けたり外したりしてみても同じです。
つまり、ダウンロードしたtar.gzファイルを解凍したディレクトリの中の「lkeyholetv」ファイルを直接ダブルクリックしたときのみサーバーに繋がるということになります。

なぜそうなのかはまったくわかりませんが、readme-j.txtを読んでみると・・・

「インストールをしない場合、KeyHoleTVのディレクトリで実行して下さい。この場合、リンクでは動作しません。アプリケーション自身は、動作しますが、接続先の情報がとれないので、つながりません。」

と書かれています。
要するに、インストールではなくディレクトリを解凍しただけで利用する場合は、あくまでもショートカット的な起動ではダメだと言うことになるのでしょうか。その割にはコマンドで直接実行してもダメなので意味がわかりませんが・・・

とりあえずアプリとしては起動さえすればちゃんと使えるようになりましたので、これでOKとしましょう。
ただ、起動するたびにディレクトリを掘って実行ファイルをいちいちクリックしなければいけないというのは非常に面倒なので、このままでは徐々に使わないアプリに仲間入りしてしまう気がします・・・

readme-j.txtを読むと、どうやら解凍ではなくインストールして使うことが前提のアプリなようですが「% make install」とか意味がわかりません。ディレクトリにある「Makefile」というファイルを開いてみると

*********************************************
#
# Linux KeyHoleTV Installer
#
# You can change install directory to /usr/local/etc, /local/bin, /local/etc
# lkeyholetv searchs pixmap files /usr/local/bin, /usr/local/etc/, /local/bin/
# and /local/etc

INSTALL = /usr/bin/install -c
PROGRAM_NAME = lkeyholetv
PROGRAM_DIR = .KeyHoleTV

INSTALL_DIR = /usr/local/bin

install:
$(INSTALL) $(PROGRAM_NAME) $(INSTALL_DIR)
cp -r $(PROGRAM_DIR) $(INSTALL_DIR)

uninstall:
rm -f $(INSTALL_DIR)/$(PROGRAM_NAME)
rm -r $(INSTALL_DIR)/$(PROGRAM_DIR)
*********************************************

こんなことが書かれています。おそらくこれに従って必要なファイルを必要なディレクトリに入れとけよみたいなことなのかなと思うのですが、呪文が多すぎです。debファイルやpupファイルやapt-get installで慣らされている自分にはチンプンカンプンです。

さて、次はデスクトップやパネルからちゃんと起動できる方法ですね。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/248-ec3ab8c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。