--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.26 家庭用ワンセグチューナー
正直、ここ二週間くらい前から仕事が忙しいんです。既に年末進行なんです。どいつもこいつも合言葉は「今年中ね。よろしく。」です。他のコトやってる暇なんて無いんです。ですから移動手段のひとつであるカーナビの存在は重要なんです。無いと困るんです。
 
ですから、Linuxどころじゃありません。もちろん、日常の道具としては活用させて頂いてますが、あくまでも日常の中でだけです。何もチャレンジしてないし、何も実験してません。

で、先日はLinuxとはまったく関係の無いカーナビの話題をエントリーしたわけですが、このカーナビの機能や金額などを調べているうちに、ワンセグについてやFMトランスミッターについてやMP3再生についてなど関連項目をいろいろと調べているうちに、しばらく眠っていた物欲番長がフツフツと湧き出て来てしまいました。

どうしても家にあるアナログテレビを生かしたい、どうしてもFM飛ばしのSDカードで使える車載MP3プレイヤーを使ってみたい・・・とカーナビから発生した物欲が言うことを聞きません。物欲番長が脳内で暴れています。バリバリです。

で、家庭用ワンセグチューナーですよ。ヤフオクでついうっかり買ってしまいました。悪気は無かったのですが、買いました。サンヨーゴリラのワンセグがあまりにも写りが良いというか、このへん(南東部埼玉や都内)で、なおかつ屋内でもどこでもバッチリと見られる状況を知ってしまったばかりに「こりゃうちの寝室にあるアナログTVもデジタル化以降も使えるんじゃねぇの?」という気持ちが・・・

買ったのは、今年の春に倒産した「シーバース工業」が販売するMade in Thailandの「MUVIA DTV-001N」というシロモノです。倒産した会社の商品ですから当然サイトはありません。
200x200-2008080400014.jpg

残念ながら1211円もしました。相場は2500円くらいのようです。どう考えても倒産会社の差し押さえからの現金化で流れた品物です。送料と代引き手数料を入れると結局2000円を越えてしまいました。でもしょうがない。現存メーカーの現行品だと、中国製とかの同等品で安くても10000円くらいはしてしまいますから、まぁこれで良しとします。

----------------------------
素晴らしいです。ゴリラのアンテナ感度と比べると若干落ちる感じ(電波が弱い状態のフリーズが発生することがある)ではありますが、この地域でアナログで見られるチャンネルはすべて電波を捕捉します。画質もハイビジョン対応じゃない29型アナログTVだと十分とは言いませんがアナログ放送が若干滲んじゃったかな程度の差です。十分代用に耐えられます。
(春日部調べ)

ただし、リモコンがありません。これは不便です。寝室ですから寝ながら見るテレビです。チャンネルを変えるのに、いちいちテレビに近づかなければいけません。これはいけません。しかし、潰れたメーカーですからオプションパーツなんてのは存在しないでしょう。

で、解決策として考えられるのは・・・

チューナーをベッドサイドに設置してAVケーブル(普通の赤白黄色の3本のやつ)を長いものに交換して、別付けアンテナを窓際まで持っていくか壁から出ている既存の同軸アンテナプラグに繋ぐしかありません。

ところが・・・このチューナーのアンテナ接続部分が「SMA-J」とか言うコネクタで、普通のアンテナ線じゃ繋げません・・・せっかくケーブルテレビだから地デジフルセグをそのまんま捕捉できるのに・・・「SMA-J」でグーグル先生に聞いても意味不明なサイトばかり引っかかります・・・ん~


ちなみに、カーシガレット用のプラグは同梱されていませんので、車載用モニターにはこの機種は基本的に無理です。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/261-2401de92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。