--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.20 ubuntuのデスクトップ環境をKDE化してみる
既にやっちゃったことなので書こうかどうか迷っていたのですが、記録なので記憶で書いておきます。

ubuntuでKDEのデスクトップ環境を使うにはKubuntuという派生ディストリビューションもあるのですが、正直言ってかなり日本語化が気に入りません。
パネル上の右クリックやメニューが英語だったり、アプリのテーマが英語だったり、微妙に半端です。
(私のただの設定ミスであって、実はそんなことは無いという意見もあるかもしれません。)
そして、ルート権限でのGUIエディタ動作が日本語環境だとおかしくなる。モッサリしちゃってどうにもならない。書き込みができなくなる。といった症状が出ました。
だったら日本語化が素晴らしい本家のubuntuをKDE化してしまったほうが何かと良いのでは無いかと考え、やってみようかと。

何から始めるのかというと、まず"Synaptic パッケージマネージャ"を起動します。そして「kde」をキーワードに検索します。
すると、たくさんKDEに関係するものが検索画面に出て来るので、その中から"kde-core"という列を探し右クリックし推奨パッケージインストール指定のところにカーソルを運ぶ。すると、いろいろな言語のパッケージがドバーっと出て来るので、その中から"kde-i18n-ja"というパッケージをインストール指定。さらに、"kdebase" "kdebase-bin" "kdebase-data"も指定。あとは、だいたい勝手にubuntuが必要なパッケージを指定してくれると思うんで、そのまま"適用”し"全てアップグレード"するとKDEに必要なパッケージが全てインストールされる。よくわからなければ、とりあえず「KDE」と書かれたそれっぽいのを全部入れてしまうというのも手かもしれませんが、それでどうなるのかは不明です。
そこで、再起動。
再起動し、ログイン画面になったらログインしないでセッションの選択をする。このとき「KDE」を指定してログインをするとKDEデスクトップなubuntuのできあがり。
ただし、もともとGNOMEデスクトップ環境だったところにKDEをインストールしたわけで、当然両方のアイコンやらメニューやらグチャグチャに混載状態。なおかつ、GNOMEで使えていたサウンドの音量調整アイコンは消失、ゴミ箱も消失、その他デスクトップ上にあったショートカットアイコンなども消失するので、それぞれを再度設定しなおす。

音量調整については、再度"Synaptic パッケージマネージャ"から「KMix」というアプリをインストール。これを起動するとパネルに音量調整アイコンが復活する。
パネルから消失したアイコン(ショートカットなど)については、パネルを右クリックして「アプレットをパネルに追加」「アプリケーションをパネルに追加」から必要なものを追加する。
これで、かなりWIndowsライクなデスクトップ環境であるKDEデスクトップにubuntuが近付く。あとは好みで調整すればなんとかなるでしょう。

ん~日本語もエディタもバッチリ。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/27-afd2647a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。