--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.19 EcoLinux 8.10.2をインストールして俺様セッティング
ということで、年末年始の一連の故障から各々の修理のはずが、パーツの大移動や通販衝動買いなどでなぜか妙に数が増えてしまったデスクまわりのパソコン群ですが、結果的にスペックの底上げが為されました。
ノートパソコンについては相変わらずですが、デスクトップパソコンについては最低スペックでもPentium4-2.0AGHzでRAMが1GBということになりました。いままでのPentium3やPentium4の低クロックのマシンは、パーツをバラしてオークションで売却したり、親戚知人友人にプレゼントしたり、処理能力があまり必要無い事務員&税理士用のデスクや応接用にまわったりとなったわけです。

つまり、そうなると当然どのディストリを使うのか再考ということになるわけです。正直、いままではPuppy系で決め打ち、一択でした。

そこでEcoLinuxですよ。

年末に新バージョン「8.10.2」がリリースされていたことはわかっていて、忘れていたわけでは無いのですが、悲しいかな、とりあえずセッティングに使う時間はCADに使うDOS窓が動くWindows98(またはMe)と、その他の通常の仕事に使うWindowsXPのパソコンが最優先で、次に自宅リビング用とファイル&プリントサーバ機と日常のネット徘徊マシーン、つまりメインとして利用するLinuxMintというところで行ったり来たりというか、入れたり消したり設定したりし直したりということを繰り替えしたわけですが、やっとのことその他のマシーンにも手をつけることになり、そこで思いついたのがEcoLinuxでありました。
(年始の妙な仕事の忙しさも一通り済んだということもあります)

■The Ecolinux Project
http://ja.ecolinuxos.com/

今回は、初心に帰るというか、徹底して贅肉を削ぐというか、いわゆる一般アプリらしきものはエディターのMousepadとブラウザのFireFoxだけです。あとはシステム設定用のものが若干存在するというだけで、徹底的にデフォルト状態を軽量化した模様です。本当に何も無いです。
しかしながら、健康君のポリシーでもある、コマンドを「あんまり」叩かずに初心者的な友達でもいろいろといじるという面はキープされていますのでubuntuと比較して特段に不便になったというものは見当たりません。デーモンとして動作するものも極力排除し最低限となるようチューニングされている様子です。ホームディレクトリの無用な一般フォルダもまったくありません。

そして、何より改めて思うのは、Xfceデスクトップ環境のディストリとして非常に軽快であるということです。GNOMEやKDEと比べれば当然なわけですが、メインマシンに入れたLinuxMintのXfce CEよりも圧倒的に動作が機敏であるということです。こちらはCPUもデュアルコアでメモリも2GB搭載したマシンなわけですが、最低スペックであるPentium4のメモリ1GBのマシンにEcolinuxをインストールして動かしてみると、同じXfce環境なのに動作の機敏さは歴然です。本当に軽いです。
(今まではRAM384MB程度のPen3ノートで実験してたんですから軽く感じるのは当然なんですが)
例えるなら、メモリ256MBのマシンに入れたWindows98、若しくはメモリ384MBのマシンに入れたPuppyという感じでしょうか。大袈裟じゃありません。マジでそんな感じです。このスペックで動かすと本当にサクサクです。

キャラクターをパソコンで言うなら、ubuntuやKnoppixやFedoraがアプリ満載の家電メーカー品ならば、EcoLinuxはOSしか入っていないショップブランド品という感じでしょうか。
自分色に手軽に染めるベースとしては本当に優秀であると改めて思います。そしてubuntuベースということで、本当にどういう作付けもできる栄養満点の土壌も用意されています。
ecolinux8047-desk.jpg
ということで、あまりにも何もありませんのでとりあえず使うための最初のセッティングを記録しておきます。ほとんど以前の記事のコピペですけど・・・自分用のおさらい&コマンドのコピペ用まとめということで。

***********************************

●画像の閲覧ができるよう画像ビューア「gpicview」をSynapticよりインストール
若しくは端末から
sudo apt-get install gpicview
●ノートパソコンで電源の管理をしたい場合はSynapticより「xfce4-battery-plugin」をインストールしパネルに追加
若しくは端末から
sudo apt-get install xfce4-battery-plugin
●スクリーンショットを撮りたい場合はSynapticより「xfce4-screenshooter-plugin」をインストールしパネルに追加
若しくは端末から
sudo apt-get install xfce4-screenshooter-plugin
●GNOMEのメニューで言う「場所」メニューが欲しい場合はSynapticより「xfce4-places-plugin」をインストールしパネルに追加
若しくは端末から
sudo apt-get install xfce4-places-plugin
●Windowsで言う「クイック起動」機能が欲しい場合はSynapticより「xfce4-quicklancher-plugin」をインストールしパネルに追加
若しくは端末から
sudo apt-get install xfce4-quicklancher-plugin
●プロセス管理を利用したい場合はSynapticより「gnome-system-monitor」をインストール
若しくは端末から
sudo apt-get install gnome-system-monitor
●パネル(タスクバー)上でシステムの利用状況をグラフィカルに表示する「System load monitor」をSynapticよりインストールしパネルに追加
若しくは端末から
sudo apt-get install xfce4-systemload-plugin

その他、基本的なアプリ

●総合マルチメディアプレイヤ/Totem
インストール
sudo apt-get install totem
起動はメニューに自動登録
●コーデック類
インストール
sudo apt-get install gstreamer0.10-ffmpeg
sudo apt-get install gstreamer0.10-plugins-ugly
sudo apt-get install gstreamer0.10-plugins-ugly-multiverse
sudo apt-get install gstreamer0.10-plugins-bad
sudo apt-get install gstreamer0.10-plugins-bad-multiverse

●画像編集/GIMP
インストール
sudo apt-get install gimp
起動はメニューに自動登録
●CD/DVD作成/Brasero
インストール
sudo apt-get install brasero
起動はメニューに自動登録
●メールクライアント/Sylpheed
インストール
sudo apt-get install sylpheed
起動はメニューに自動登録
(Evolutionが良い人はsylpheedという文字をそのままevolutionに)
●OpenOffice.org
インストール
sudo apt-get install openoffice.org
起動はメニューに自動登録
●2ちょんねるブラウザJD
インストール
sudo apt-get install jd
ただし、リポジトリを追加しておかないと最新版は入らない。最新版を使いたい場合
sudo mousepad /etc/apt/sources.list
でソースリストを開き
8.10.*の場合は
deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja intrepid-experimental/
8.04.*の場合は
deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja hardy-experimental/
をリポジトリとして追記してからインストール。

インストール終了時のHDDのデータ消費量は1.4GB程度で、ここまで仕込んでのHDDのデータ消費量は、およそ2.1GBです。

ただ、Ecolinuxに限ったことじゃないんですけど、ubuntuが8.10になってから、xubuntuでもLinuxMint Xfce CEでもEcolinuxでも、つまりubuntu系のXfceのDEのディストリでfusesmbがまともに使えなくなってしまっています。
(自分がやりかたがわからないか間違っているだけかもしれませんが)
これが非常に不便。いくらディストリが進化しても、複数パソコンでデータをやりとりする人間にとっては、これは本当に致命的です。

8.04ベースのものに戻すしかないかなと考え中です。

*******これより、Ver.8.04.7以前のEcolinux用*******


●ネットワークで他のマシンとファイル共有できるよう「samba」と「fusesmb」と「gnome-system-tools」をSynapticよりインストール(Ver.8.04.7まで)
sudo apt-get install samba
sudo apt-get install fusesmb
sudo apt-get install gnome-system-tools
セッティング方法については
Ecolinuxでfusesmbをユーザー権限で普通に使う」と
Debian系Xfce採用ディストリ利用時のfusesmb(ファイル共有)の仕込み」を参照

Ecolinuxには自動起動の設定メニューが無いので自動起動したい機能は端末から
sudo apt-get install xfce4-se/ssion
をイ/ンストールして
xfce4-autostart-editor
で登録しておく。

それと、ユーザとグループをインストールしたのは良いが、「ロックの解除」がなぜかできない・・・これはちょっと辛い。


※2009/02/20
コーデックのインストール欄を訂正
gnome-system-monitor
System load monitorのインストール追記
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/277-f4bec281
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。