--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.20 Windows7を軽快に使うためのデスクトップ初期設定
ということで、実験用マシンが増えたということで、Windows7のtest build7000も仕事とは関係の無い場いろいろ日常で使ってみたりしているわけですが、これがやはり初期設定のままだとVISTA同様モッサリです。
メモリ512MBのマシンにubuntuの最新版を入れてCompizを使っているみたいな感じです。
 
で、これをやるだけで軽快になったというダイアログだけ示しておきます。
(インスコし直すたびにいつもどこで設定したか忘れてしまうので)
まぁ、インスコ時の自分用の画像メモなんですけどね。
Win7-setting-cut.jpg

ファイルブラウザやデスクトップから「コンピュータ」を右クリックし、「プロパティ」を指定すると、エクスぺリエンスインデックスのダイアログが立ち上がるので、そこから「設定の変更」をクリックすると「システムのプロパティ」ダイアログが開けます。
(他にもいろいろと「システムのプロパティ」ダイアログにたどり着く道はあります)
そこから「詳細設定」タブをクリックすると、「パフォーマンス」の設定ができると。

ここでいろいろと余計な装飾のチェックを外していくと、XPと同レベルとまでは言いませんが、クラシック表示のようにビジュアルはさほど変わった感じにせず、初期状態とは雲泥の差の軽快さにできます。

おおまかなビジュアルの維持としては最低限

「ウィンドウとボタンに視覚スタイルを使用する」
「スクリーン フォントの縁を滑らかにする」
「透明感を有効にする」

この3つだけ押さえておけばOKです。
「ウィンドウとボタンに視覚スタイルを使用する」のチェックを外すとWindows2000というか、XPのクラシック表示みたいになっちゃいます。
もちろん、そうなるとさらに軽快にできるんですけど。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/278-7b8362a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。