--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.26 Linuxで再インストールするとき
Linux初心者は、初心者ゆえにインストールしてみたは良いけど結局インストールし直さないとダメだという場面も多く、その際にディレクトリ構造や設定の保存など、WIndowsではできていた、理解できていたことがLinuxにおいてはまだまだ不可解で、インストールする度に設定も全部やり直しになることも少なくないと思います。俺のことですが。
そんなときに、設定中に参考にしていたサイトやメールでのやりとりなど、どうしても最低限、新環境に移動というか、バックアップしてインストールし直してもスグに利用したい最低限の情報として「アドレス帳」「Bookmark」などがあると思いますが、どのディレクトリのどのファイルをどう保存しておけば良いのか、それすらもわからないということも多いと思います。
ある程度慣れてくると、再インストールの際に特定のパーテーションやディレクトリはフォーマットしないで保存したまま再インストールしたりできるのでしょうが、初心者にはそんな高等なことはできませんし、至難の技です。
そこで、誰でも使えるUSBメモリやCD-R、他のマシンの共有フォルダなどに最低限バックアップしておくべきファイルとその場所を記録しておこうかと思います。
ディレクトリ構造のことまで理解しようとすると大変なので覚えるのは場所とファイル名だけでとりあえずは良いかなと。ここではFireFoxのブックマークを例題にします。

Firefoxのブックマークは "home"フォルダの中の".mozilla"フォルダの中のさらに中の"firefox"フォルダの中の"eiqyobfr.default"フォルダの中にあって、さらにその中の"bookmarkbackups"フォルダの中にhtmlファイルとして保存されているのですが、面倒臭いので"eiqyobfr.default"のフォルダを丸ごとコピーして保存しちゃって良いかなと思います。その際はそのファルダの中には"Cache"フォルダもあるので、この中身だけは消去しておいたほうが軽くなるでしょう。

ディレクトリ構造で言うと
~/.mozilla/firefox/eiqyobfr.default/
若しくは
home/<ユーザー名>/.mozilla/firefox/eiqyobfr.default/
になります。と思います。

Linuxにおけるアプリの設定や記録情報はおおよそこの"home/<ユーザー名>/"フォルダの中の対象になるアプリのフォルダの中にありますので、他のアプリについても同じように探してみるとほとんどが保存できると思いますので、あとは、これらのファイルやフォルダを再インストールした際には同じフォルダの中にコピー&ペーストすればOKだと思います。
というか、そうであると信じています。祈っています。

※2007/04/11追記
上記の例の"eiqyobfr.default"の中の"eiqyobfr"の部分はランダムに生成される文字列で、マシンごとにその文字列は変化しますので注意。このフォルダがどのマシンにもあるということではありません。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/33-764fe1fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。