--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.06 コマンドを使わず管理者権限でファイルを開く
ここ数日、ずっとLinuxでTVを見たいということで、暇をみつけては設定をしていたのですが、一向に見られる気配すらありません。四苦八苦です。
そんな中、何度も何度も管理者権限でいろいろなファイルに追記したり削除したり訂正したりと繰り返していて、いちいちコンソールからsudoコマンドを打って設定ファイルを開くという作業にウンザリしていました。

そんなとき、灯台もと暗しです。いつもコメントいただく「Viva!ubuntu」さんの記事に「コマンドという呪縛からの解放 nautilus-gksu」という記事を見て、「これはいい!」と確信し俺もやってみました。しかも、さらにこの記事の元ネタは、やはりこのブログにコメントいただいている松本さんのブログ「MacintoshでUbuntu」からの引用とのことで、いかに俺は人のブログやサイトをいい加減に見ていたのか反省した次第でございます。

で、方法ですが、メニューからシステム管理を開きSynapticパッケージマネージャを起動、"nautilus-gksu"を検索すると、そのものズバリがピックアップされるので、チェックを入れて適用するだけ。GNOMEデスクトップ環境の設定なので一度ログアウトしてXの再起動(Ctrl+Alt+Backspace)すると、設定完了。
試しに何かのファイルを右クリックしてみてそのメニューに"Open as administrater"という選択肢が表示されていればインストール成功。
これで、いちいちコンソールを起動してコマンドを打たなくともGUI上から管理者権限でファイルを開くことができる。これは便利。恐らくGNOMEデスクトップ環境だけでなくKDEやXfceのデスクトップでも似たようなパッケージがあるので探してみると重宝すると思います。
(俺はLinuxMintに替えてしまったので今はKDEやXfceは使っていないので詳細は不明)

これは便利ですねぇ。
で、今後もTV視聴へのチャレンジは続き鱒。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/40-f97c50a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。