--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.13 Linux(ubuntu系)でP2P(ファイル交換)
さて、Linux(ubuntu系ディストリ)でファイル交換をするにはどうしたら良いのか。当然ですが、WinnyやWinMXやCABOSは使えません。いろいろと調べた結果、LimeWireLinuxというソフトならLinuxでも動くということがわかりました。
ただ、ファイル交換は参加者の人数こそがすべてというか、多大な参加者がいてはじめて成立するものなので、その辺が不安です。

まずは公式サイト
LimeWire

ここでLinux版のLimeWireをダウンロード。とりあえずデスクトップに保存。ただ、ホームページが重くてダウンロードできない場合も多いので、その場合は適当なダウンロードサイトから拾って来ましょう。俺の場合は「朱の鳥」の「LimeWire」のページから拾ってきた。
そして、例によってdebに変換
sudo alien --scripts /home/<ユーザー名>/Desktop/LimeWireLinux.rpm
すると、ホームフォルダに"limewire-free_4.12.11-1_i386.deb"というファイルが作られるのでそのファイルをダブルクリックするとインストーラが起動するので"installPackage"ボタンをクリックするとアプリ本体がインストールされる。メニューにもアイコン登録される。
しかし、このアプリはJAVA上で動くアプリなのでこの段階ではまだ起動はできない。そこで必要なJAVAをインストールする。必要なJAVAは"J2SE Java Runtime Environment (JRE)"ということらしいので、JAVAのJ2SEの公式ダウンロードページからやはりデスクトップにダウンロード。一度rpmファイルに変換し、さらにdebファイルに変換
chmod +x /home/<ユーザー名>/Desktop/j2sdk-1_4_2_09-linux-i586-rpm.bin
と打ってから
/home/<ユーザー名>/Desktop/j2sdk-1_4_2_09-linux-i586-rpm.bin
とコマンドを打つと「続ける」と出るのでひたすらEnterキーを押し続ける、すると"Do you agree to the above license terms? [yes or no] "と聞かれるので、"yes"と打つとrpmに変換されホームフォルダに保存されるので、今度はLimeWireと同じようにそのファイルをdebに変換。そのままホームフォルダに残したままで今度は
sudo alien --scripts /home/<ユーザー名>/j2re-1_4_2_14-linux-i586.rpm
と打てばdeb変換完了。同じようにダブルクリックすればインストール終了。
・・・・としたが、「 runLime.sh: 44: Syntax error: "(" unexpected (expecting "}") 」とターミナルに表示されこれでは起動できなかった。
重複してインストールしているのかと思い、調べたら
sudo update-alternatives --config java
というコマンドを打つとインストール済みのJAVAのバージョンがわかって、利用するバージョンの切替えができるとのことで、やってみるといろんなバージョンが入ってしまっていた。一応その状態で何度か切替えて起動してみたが、どれもダメだった。

ということで、素直にファイル名"j2re"をSynaptikパッケージマネージャから検索して余計なモノは全てアンイストールした上でubuntu用のJAVA適用する。やはり同じように「 runLime.sh: 44: Syntax error: "(" unexpected (expecting "}") 」と出てしまう・・・orz

「 runLime.sh: 44: Syntax error: "(" unexpected (expecting "}") 」これを検索したら、何かの設定ファイルの44行目がおかしいという感じの意味らしいが、サッパリ理解不能。

TV視聴に続き、この試みも成らずか。。。失敗ばかりの備忘録
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/44-5ca71989
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。