--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.20 Ecolinuxを今回は起動してみた
ということで、前回興味を示しただけだったEcolinuxが正式版になったようなので起動してみました。
日本の高校生と勝手に解釈してましたが、先日高校生になったばかりで、当時は中学生だったようです。驚きです。クラスに東大を目指している生徒が二人いるとブログに書いていますので、進学校の優秀な生徒さんのようですね。

Ecolinux
http://ecolinux.blog.shinobi.jp/

前回の記事「 Ecolinux 」にも書きましたが、軽快動作が売りということなので、実験用のマシンのメモリをわざと256MBに減らして起動してみました。さらに、本人曰く

-Windowsユーザーがその日から簡単に使えるOS。
-軽いOS。
-LiveCDのOS。
-HDDにインストールできるOS。
-無料のOS。
-無駄がないOS。
-カッコいいOS。
-半永久的に最新の状態が保たれるOS。
-ストレスのかからないOS。

こういう目的も加えたようで頼もしい限りです。

さて、メモリを256MBに減らしましたが、今回はグラフィックボードにnVidiaのGeForce2MX400を付けて起動してみたいと思います。

まず、起動選択画面だけがubuntuではなくEcolinuxのイメージロゴになっている点がかわいいですね。意地を感じます。起動中はubuntuです(笑
ライブCDでの起動時間はubuntuよりも圧倒的に早いですね。あっというまに起動できました。そして、本人のアピール通りかなりこのマシンでも軽快に動きます。ライブCDですが、ubuntuのHDDインストールと大差なく動きます。恐らくHDDインストールすると更に軽快に動くことが予想できます。
デスクトップ環境はXfceですね。そして驚いたのがXubuntuよりも日本語化の完成度が高いように思います。
お茶目なのが、デフォルトでFireFoxがパネルにアイコン登録してあるのですが、ホームのページがEcolinuxへのリンクになっている点ですね。
ソースリストを見てみようと思ったのですが、GNOMEメニューにある「場所」メニューが無いのがちょっと不便ですね。これはXfceだからしょうがないんでしょうが・・・
メニューのシステムからThunerファイルマネージャを起動して/etc/apt/sources.listを開きますと・・・きっちりubuntu活用していますね。
ちなみに、メニューボタンもEcolinux独自のものに変更してあります。
デスクトップのイメージはかなりマック意識という感じですね。DOCKでも動作させてあげればかなりマックです。クールで格好良いです。どうせやるならそこまでデフォルトにすればさらに良いかと。
ubuntuのウンコ色というか、茶色いイメージは完全に排除していますね。

正直、俺のようなLinux初心者が偉そうに言えた義理じゃありませんが、高校生がここまでやるとは驚きです。
そして、本当に軽快です。おそらく感覚的にはメモリ96MB程度でもサクサク動くというのは嘘じゃありませんね。
Win98とかMeとか2000とかのチョイ古マシンやメモリ積載が少ないノートPCなどを活用するにはうってつけと言えるディストリかと思います。マジ素晴らしい。
マシンはチョイ古でもリポジトリはubuntuそのままですから、アプリも当然すべて利用できるわけで、これは彼が継続してフォローする気が本当にあるのであれば人にオススメできるレベルにあると思います。
ただ不安なのが、思春期特有の飽き、興味の対象の変遷がスグに来て、このプロジェクトをぶん投げてしまうことですかね。
まぁ、Linuxですから、一度入れたら自分でメンテすれば良いだけの話なんでしょうけど。
今回もXfceということでスクリーンショットは撮れませんでした。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/48-a2ef6324
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。