--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.29 ubuntu Feistyで一発Berylの記事の訂正およびお詫び
ubuntu-FeistyでのBerylのインストール法を伝聞で書いておいて、書きっ放しというのも無責任なので、先日記事にした「 ubuntu Feistyで一発Beryl 」を先日の「 ubuntu-Feisty(7.04)の動作環境実験 」ついでに後日自ら実践してみました。

結論から言えば、あの呪文(コマンド羅列)は正しいというか、インストールの手段のひとつとしてちゃんと成立し機能ます。OKです。
ただし、順番が重要であることを今回学びました。。。orz、と同時に皆さんにも注意を喚起しておこうと思います。同時に適当なことを書いたことをお詫びします。

nVidiaのグラフィックドライバをインストールする前にこの呪文を実行してしまった為にドツボにはまってしまったことをここに報告します。
(自分で事前にインストールが必要だと書いたにもかかわらず、です)
どのようなドツボに陥ったのかと申しますと、Beryl動作のベースになるドライバーが無い状態でBerylのインストールだけでなく実行までさせてしまった為に、X(デスクトップ)がちゃんと起動しないという状況に陥りました。つまり、あの呪文はログイン時のBeryl-managerの起動だけでなくBeryl本体の起動まで仕込まれる呪文だったわけです。そして、nVidiaのドライバーは決してインストールされないということで。。。注意です。

ついでなので、どうやってそのドツボから脱出したのかも書いておきます。

当然Linux初心者としてはいろいろな設定ファイルの書き換えや起動時の設定を変えるという高尚なことはできませんし知りません。ここで思いついたことは

・起動時のログイン画面でセッションの変更をして起動するデスクトップをとりあえず変更してしまう。
・Xorg.confを書き換えてしまう

このふたつでした。当然セッションの変更は無駄でした。なんせコマンドが自動起動ですからセッションを変えようがどうしようが自動起動です。起動した瞬間に画面が真っ白です。そこでデスクトップ環境の設定ファイルであるXorg.confをCUIのエディターであるnanoで書き換えてしまえと思い真っ白な画面の状態でctrl+Alt+F2を押しCUI画面に入り
sudo nano /etc/X11/xorg.conf
とコマンドを打って呼び出し、ファイルの下のほうにある「Section "Device"」の中の「Driver」を"nv"から"nvidia"に書き換えてみました。もしかしたらnvidia-glxというnVidiaのドライバーまで、あの呪文はインストールしてくれているかもしれないという希望的観測からです。。。当然無駄でした。俺がインストールしていないのですからインストールされているわけがない。

・・・本来、ここでやるべきは、自動起動の設定ファイルを呼び出して、自動起動からBerylとBeryl-managerを外してしまえばベストな解決なんだとわかっているのですが、そんな設定ファイルがどこにあるのか知らないし、そもそもどんなファイルが自動起動の設定ファイルなのかも知らないのですから解決できるわけがない。
そこで俺なりに出した答えが、「じゃあこのままnVidiaのドライバーを入れて自動起動に対応してしまえ」でした。そのままCUIでログインした状態で
sudo aptitude install nvidia-glx-new
sudo nvidia-xconfig

とコマンドを打ってFeistyにデフォルトで入っているドライバのパッケージをインストール。
この場合、アルベルトさんのドライバやenvyはリポジトリに登録していないので使えません。。。
で、先ほどと同じようにXorg.confを呼び出して「Section "Device"」の中の「Driver」を"nv"から"nvidia"に書き換え、「Section "Screen"」のところにOption "AddARGBGLXVisuals" "True"を追記。これで大丈夫なはずだと期待し
startx
と、Xの起動をしました。

これで解決です。ちゃんと起動できました。良かった良かった。とほほ。
これを機会に自動起動の設定ファイルの場所と名前、ファイルの中身を調べて確認して記録するのが賢いLinux使いのセオリーなんだと思いますが、俺は賢くないのでこれで終了です。

※20070502追記
nVidiaドライバの種類については
Appendix A. Supported NVIDIA Graphics Chips
このページを参照し、一番上のリストにあものは
sudo aptitude install nvidia-glx-new
二番目のリストにあるものは
sudo aptitude install nvidia-glx
一番下のリストにあるものは
sudo aptitude install nvidia-glx-legacy
と、それぞれ置き換えて下さい。適当に選んでも動作はしますが、ちょっとした場面で適切でない場合は不具合が出ます。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/54-619685ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。