--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.08 Ecolinux 1.5 をインストールし起動してみる
ということで、先日Ecolinuxの正式バージョン1.0が出て散々いろいろな実験をしてみたわけですが、実験をひととおりやった途端に次バージョンの1.5が出てしまいました。
恐らくベースになっているubuntuが7.04(Feisty)へとバージョンアップしたので、それに伴い基幹システムを変更したものと推測します。(実際、ソースリストを覗いて見るとEdgyではなくFeistyのリポジトリに書き換えられていました)

■Ecolinux
http://ecolinux.blog.shinobi.jp/

個人的にXfceについてはファイルマネージャというか、GNOMEでいうPlace(場所)やKDEでいうKonquerorのネットワークフォルダみたいにネットワーク上の他のマシンとの安易な通信ができないのと、メニューの設定がいまいち難しいのが若干気に入らないのですが、軽快なデスクトップ環境でチョイ古マシンで扱うという意味では秀逸だと思うのでますますの発展を祈念しています。今回はやむを得ずKonquerorを利用してネットワークの実験用データを引っ張って来ました。

結論から言えば、日本語に特化しているという意味ではXubuntuよりも圧倒的に使い易いと思います。ubuntuのXfce化やXubuntuの日本語化をして使うよりは断然オススメできます。
慣れた人であれば外国語版でも日本語化して使うのはそれほどの苦難では無いと思いますが、やはり一般的なパソコン使いとしては言語というのは大きなプライオリティがあるのは事実で、デフォルトで日本語環境になっている時点でかなり優位だと思いますし、開発者の感性がかなり初心者寄りというか、変に専門的な扱いかたに偏っていない感じがするのも個人的に好感が持てます。

今回は、意地悪かもしれませんが、動作環境実験も兼ねていろいろとやってみました。

まず、今回は今までの実験用マシンとは違うマシンで起動してみました。それは、ASUS TUWE-FX (Flex-ATX INTEL810E ICH2)というマザーボードでAGPの無い、つまりグラフィック環境は一昔前のオンボードグラフィックという厳しい環境です。(もちろんPCIカードでもグラフィックのレベルアップしようと思えばできますが)
Tualatinコア対応マザーということで、i810チップセットのマザーボードとしては最高水準ではありますが、およそ5~6年前の普及型のスペックです。当時の廉価マシンはみんなこのチップセットを使っていましたよね。CPUにはちょっと贅沢ですがTualatinCeleronの1.2GHzです。アプリの計算処理ではなくLinuxの動作そのものにはCPU能力はあまり関係ないのでこれで由とします。恐らくCeleronのFSB100以上のCPUなら、Coppermineでもさほど変化は無いでしょう。

ライブCDから起動してHDDにインストールするのはいままでと同じです。メインメモリ搭載量もスタート時点では256MBでインストールしました。で、サクッとインストールが終わったら、今回はKoolDockも入れて前回と同じようにFireFoxを起動しGNOME上海を動作させてみたいと思います。

■256MBのみ>>>>>>>>>>>>当然ですが普通にサクサク
■128MB+64MBの合計192MB>>>>>>普通にサクサク
■128MB+32MBの合計160MB>>>>>>普通にサクサク動作するがKoolDockのアイコン動作が若干カクカクする感じ
■128MBのみ>>>>>>>>>>>>OS起動がちょっと時間がかかり、アプリの起動も気持ちだけ遅くなるが起動してしまえばサクサク
■64MB+32MBの合計96MB>>>>>>>OS起動に若干時間がかかり、アプリの起動も若干遅くなる、スワップも発生し動作が緩慢になるが一応全部起動できる
■64MBのみ>>>>>>>>>>>>OS起動した瞬間にスワップでマウスの動作がカクカクし使いものにならないが起動はできてしまう。シャットダウンにもひと苦労。

という結果になりました。
最低水準の実用域は128MBという感じでしょうか。前回の結論は160MBでしたからワンランク動作が軽くなった印象ですね。しかも、今回はオンボードグラフィック、しかもi810というかなり能力の低いチップですから、軽快さは増したと考えて良いのではないでしょうか。オフィス系やグラフィック系のアプリを使うのであれば192MB程度は必要かもしれません。

今回はXfceでもスクリーンショットを撮ることができましたので載せておきます。
Ecolinux1.5-Screenshot.jpg

ちなみに、コンソールから
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

とすると、ubuntu-jaの特徴である日本語セットアップヘルパが自動的にインストールされメニュー登録されて、ubuntu-jaとまったく同じように独自アプリやパッケージがインストールできます。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/58-aac3df8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。