--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.10 Linux(Ubuntu)とWindowsでファイル共有してみる
Linux側からWindowsパソコンの共有フォルダを見る(操作する)ことは、何もしないでスグできたが、Windows側からLinux側の共有フォルダを見ることがデフォルトではできない。
では、どうすれば良いのか調べてみたらSambaとかいうサーバーの設定アプリだかなんだかのインストールをすればできるじゃないかということまで調べた。

で、どうすりゃいいのか?
こうして↓みた。

システム/システム管理/フォルダの共有
 ↓
Sambaのインストール
 ↓
追加→共有したいフォルダの指示/必要部分設定/Winネットワークを指定
 ↓
ターミナルの設定(ワークグループ名やドメイン名など入力)
 ↓
sudo smbpasswd -a 〈ユーザ名〉
 ↓
とタイプし,ユーザ名のパスワードを入力。
Sambaのパスワード入力を要求→適当に入れる。
で,Sambaを
 ↓
sudo /etc/init.d/samba restart
 ↓
で再起動。

これでWIndows側からフォルダやファイルを扱えるようになった。思ったより簡単であっという間にできてしまった。
つまり、この状態で家庭内(SOHO内)LANのファイルサーバー構築の一丁上がり。共有するフォルダやファイルだけWindowsと同じように管理すれば良いだけ。
あまりにも簡単にできてしまったので拍子抜け。下手するとWindowsより簡単かもしれない。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/6-ca038668
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。