--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.11 Linux(ubuntu系)でアップデートを重ねたときのお掃除
Linuxでも、長期にわたって利用してアップデートやアップグレード、インストールやアンインストールを繰り返していると、パッケージの依存関係が狂ってきたり、無用なファイルが残っていたりして徐々にゴミが増えてきます。これはしょうがない。
しょうがないとは言え、アップデートやアップグレード作業をしていてエラーばかりを繰り返し吐き出したりしていると気分も悪いし動作が正常であっても精神衛生上は非常によろしくない。
かくいう俺様も、何度も更新時の理解不能のエラーで気を揉んだりしていました。動作に問題が無いのがまた精神的に問題だったりするわけです。
初心者は当然ながらエラーが出ようが更新作業がしばらく不能であろうが解決なんてものはできるわけがない。
そんなときに使える魔法の呪文を発見しました。リンク先にもありますがViva! Ubuntuさんの5/9の記事です。
もうコピペです。
sudo apt-get -f install
このコマンドにより、依存関係ツリーの作成後に、不要なアプリ群が表示され「"apt-get autoremove"を使ってこれらを削除してください。」・・・という指示に従って
sudo apt-get autoremove
管理者権限が必要なので「sudo」を頭につけて実施。これだけです。
Viva! Ubuntuさんは"dpkg --configure"なんちゃらとエラーが吐かれたようですが、俺はそのまんまエラーもなくきれいにお掃除できました。
依存関係についても30箇所も修復や削除されアップデート時のエラーも皆無に。
どうしてこの呪文で解決できるのか?それは聞かないで下さい。知りません。

この呪文はマジオヌヌメ。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/60-fe088561
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。