--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.26 ubuntu(LinuxMint)に3Dデスクトップcompiz fusionを仕込む
いままで散々お世話になったというか、そもそも俺がWindowsからLinuxに踏み切るきっかけを作ってくれたBerylですが、いよいよCompizと統合されたようです。
もともとがCompizの派生アクションだったようですが、お互いのチームの仲が良くなくて別々の道を歩んでいたようですが、ここに来て仲直りというか、もともと同じですから、元の鞘に納まったというべきなんでしょうか。よくわかりませんが、BerylもCompizも単独でバラバラではなく一緒のデスクトップ環境になったようです。
まぁ、流れからなんとなく感じるのは、つまりBerylは消失してCompizに合併吸収されて、要はCompizになっちゃたってことですね。対等合併じゃなくて、合併吸収ですかね。

で、その仕込み方を調べて実験してみました。
おおよその仕込みの進行はBerylと同じでしょうからそれほど難しいことは無いのでしょうが、一応記録しておこうかと思います。

sudo gedit /etc/apt/sources.list
まずは、ソースリストにcompiz fusionのリポジトリを追記ですね。
この段階に至る前に、もともとBerylをインストールしていた人はアンインストール&リポジトリの無効化しておいたほうが良いかもしれません。
ちなみに自分は面倒臭いのでインストール後のデフォルト状態でそのまんまやってしまいます。クリーンじゃありませんが。
deb http://download.tuxfamily.org/3v1deb feisty eyecandy
deb-src http://download.tuxfamily.org/3v1deb feisty eyecandy

で、上記のリポジトリを先ほど開いたソースリストに追記します。
wget http://download.tuxfamily.org/3v1deb/DD800CD9.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget http://download.tuxfamily.org/3v1deb/81836EBF.gpg -O- | sudo apt-key add -

で、GPGキーの取得ですね。なんか、キーが二つ必要らしいです。
sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade

でもってアップデートと新たなsources.listを使って、インストールされているすべてのパッケージをアップグレード
もしかしたら、ただのupgradeで良いのかもしれませんが、なんとなく全部やらなければいけない気がするのでこっちにしました
sudo apt-get -f install
で、これも(なぜかこれをやれとコンソールで指示されてしまったので)

で、この段階でSynapticパッケージマネージャに既にパッケージが登録されているとので、検索で下記のパッケージを探して適用(インストール)
●python-compizconfig
●compizconfig-settings-manager
●compiz-fusion-plugins-main
●compiz-fusion-plugins-extra
●compiz-fusion-pluguins-unsupported
●emerald
●emerald-themes

若しくは一括の呪文で
sudo apt-get install python-compizconfig
sudo apt-get install compizconfig-settings-manager
sudo apt-get install compiz-fusion-plugins-main
sudo apt-get install compiz-fusion-plugins-extra
sudo apt-get install compiz-fusion-pluguins-unsupported
sudo apt-get install emerald
sudo apt-get install emerald-themes

(途中で何度かenterキーを押す必要があります)

なんか、現段階ではまだ起動の方法が定まっていないようで、コマンドで起動するしかないみたいです。
emerald --replace &
compiz --replace &


これで見事にインストール完了。とりあえず動作も問題無し。つーか、むしろBerylより軽快で安定しちゃってます。
mint-compiz-Screenshot.png

ところが、これをどうやって設定していいのかがとうとうわかりませんでした。
BerylであればBeryl setting managerがあるのですが、compiz fusionにはどれで設定すれば良いのか現段階で不明です。
たぶんCompizConfig Settings ManagerでBerylと同じようにできると思います。
今回は、環境についてはBeryl-managerを、WMについてはEmeraldを、動作についてはCompizConfig Settings Managerを使ってやってみましたが、統合されたセッティング環境がもしかしたらあるのかもしれません。

今回当然のこととして書きませんでしたが、これら一連の作業の前にグラフィックドライバーのインストールは済ませておきましょう。
特にnVidiaの場合は必須です。そして同時にnVidiaならほぼ間違いなく動きます。GeForce2MX200でも透明化も使えてサクサクですから。
昔と違っていまはnVidiaドライバはSynapticパッケージマネージャからできるのでラクになりましたね。

※検索して出てくるのが日本語じゃないサイトばっかりだったので、非常に記事は適当でいろいろな記事を勝手に解釈して「勘」でやった行為です。自分はなんとかできてしまいましたが、トラブル覚悟でやって下さい。

※独学Linuxさんに記事が出てました。。。orz
こちらのほうが簡単な方法かも。
http://blog.livedoor.jp/vine_user/archives/51101820.html
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/79-01dc62ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。