--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.26 アジアカップ準決勝
昨日のアジアカップ準決勝サウジ戦は本当にストレスの溜まる試合だた。

というか、アジアカップはずっとストレスの溜まる試合だった。
確かに、ゲームの組み立てという意味ではジーコ時代と比べれば雲泥の差で非常に良くなったことは認める。技術的にも卑屈になる必要はまったく無いかなとも思う。
まず腹が立つのは全体的に気持ちが伝わって来ない。なんとしてでも勝ってやるという気合いを感じない。オシムだけがベンチで大騒ぎって感じ。
確かに必死で苦しい中で頑張っていることは間違いないことはわかるけど、気概を感じない。名指しで言えば遠藤、中村俊、加地、駒野。特に遠藤。そして遠藤。あとは遠藤。

ずっとそうだけど、まずシュートを打て。思いっきり打て。
宝くじを買わないと宝くじに当選しないのと同じで、シュートを打たないとゴールしないんだぞ。お。
奴のペナルティエリア内やゴール正面付近で前を向いているのにパスをするという愚行を何度見たことか・・・中村俊輔も同じ。そんなにお前らはラストパスが好きなのかと。
そして、加地と駒野。ビビって寸詰まりなパスばかり出すな。いつも数メートル足らないかボールに勢いが無くてインターセプトされるじゃねぇか。気が弱いのか?
ゴルフで言えばパターがいつも微妙に弱くてカップに届かない奴みたいだぞ。
で、加地は裏に抜けてセンタリングを上げるのが特色なのに、一度もそういう場面を見なかった。裏にパス出してくれる中田とセットじゃないとああいうプレイできないのか?
あれだけサウジのサイドの空間がポッカリ空いてるのになんで走らないんだ。走っても誰もパス出してくれないのか?

で、ゲーム運び。
なんだ?なんでリードされているのにまるでリードしているようなゲームの組み立てしてるんだ?パスがうまいのはわかったからゴールに向かえよ。横じゃなくて前にパス出せ。たとえ1mでも2mでもいいから前に行け。

あームカつく。仕事の不調と重なって更にムカつく。

ロスタイムに入ってからやっとパワープレイを始めるってのはなんだ?

でも、中澤と鈴木と巻と高原は頑張った。気合いを感じた。ミスは多かったけど阿部と中村賢も気持ちは感じた。これだけは救いかな。

高原が調子が良いときはウルトラスーパーなプレイをするし、中澤は気持ちの出しかたやプレイそのものに魂を感じる。

あぁ。
Secret

TrackBackURL
→http://daisuke55.blog93.fc2.com/tb.php/96-dbc3815f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。